【解説・和訳】 Bad Blood / テイラー・スウィフト ft. ケンドリック・ラマー

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2015年の今日(6月6日)、1位を獲得した Taylor Swift(テイラー・スウィフト) feat. Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)の “Bad Blood” を解説・和訳しました。

テイラーの個人年表に載る「ケイティ・ペリーとの確執期」にリリースされた壊れた友人関係と裏切りがテーマになっている曲で、この時期トレンドになっていた手法を使ったイントロが印象的なパワー・ポップ。

ソングライターはテイラーとケンドリック、そしてご存じマックス・マーチンとシェルバック。

ケイティ・ペリーが『自分のことだと認識している』というこの曲は、自分のツアー・ダンサーが引き抜かれた(と誤解した?)ことに端を発したケイティへの「宣戦布告ソング」で、この時期サービスが始まった Apple Music にもオープンレターで『音楽は無料ではない』と主張して対立していた(自分の楽曲の提供を拒否していた)テイラーの「好戦期」の曲。

楽曲的には、ウィズ・カリファ ft. チャーリー・プースの “See You Again”(2015年、最高位1位、この週2位)、ウォーク・ザ・ムーンの “Shut Up And Dance”(この週最高位の4位)、デヴィッド・ゲッタ ft. ニッキー・ミナージュ、ビービー・レクサ&アフロジャックの “Hey Mama”(この週最高位の8位)などで共通していたフックの前半部分をイントロに使ってリスナーの注意を引くという手法で、一発で強烈な印象を与えることに成功しています。

また、ケイティ役のセレーナ・ゴメス、エリー・ゴールディングなど18人の有名人が出演し、7つの映画がフィーチャーされていることでも話題になったビデオは、リリース後24時間の再生回数でニッキー・ミナージュの “Anaconda”(2014年、最高位2位)の記録を抜いて新記録となり、(後にアデルの “Hello” が更新)グラミーおよび MTV Video Music Awards で最優秀ビデオ賞を獲得しています。

ちなみに、ニール・セダカの同名の曲が1975年に1位を獲得しており、同名異曲のナンバーワン・ソングは “One More Night”(フィル・コリンズとマルーン5)以来の誕生となっています。

【リンク】
当時(2015/06/06)のチャート
テイラー・スウィフトのヒット曲
ケンドリック・ラマーのヒット曲

【和訳】
[Intro]
‘Cause, baby, now we’ve got bad blood
You know it used to be mad love
So take a look what you’ve done
‘Cause, baby, now we’ve got bad blood, hey!

もう私たちは敵同士なの
以前はおかしなほど仲良しだったのに
あなたが何をしたか考えてみて
もう私たちは敵同士なの

[Verse 1] … Kendrick Lamar
I can’t take it back, look where I’m at
We was OG like D.O.C., remember that?
My TLC was quite OD, ID my facts

もう取り返しがつかない
俺の状況を見てみろ
俺たちはD.O.CみたいにOGだったよな
(※OGは大麻の種子、D.O.C.は恐らくマイケル・クライトンの小説 “Drug of Choice” とギャングスタ・ラッパーのThe D.O.Cのダブルミーニングで、要は「俺たちはの関係はドラッグつながりだった」ということ?)
覚えてるか?
俺のTLC(愛情)はOD(過剰)だった
(※TLCはTender Loving Careの略&前出のThe D.O.C.の本名Tracy Lynn Curryの頭文字、ODはクスリの過剰摂取を意味するオーバードーズの略)

Now POV of you and me, similar Iraq
I don’t hate you, but I hate to critique, overrate you
These beats of a dark heart, use basslines to replace you
Take time and erase you, love don’t here no more

今、俺たちのPOV(Point Of View:状況)はイラク(内戦状態)みたいだ
お前のことは嫌いじゃないが
批判は嫌いだし お前を買いかぶることも嫌だ
このダーク・ハートのビートとベースラインで
(※ケンドリック・ラマーの音楽的特徴はダークなビートとベースのサウンド)
お前のことは忘れる
時間をかけて お前を消し去る
愛はもうここにはない

No, I don’t fear no more
Better yet, respect ain’t quite sincere no more

もう怖くない
わかりやすく言えば リスペクトはもう微塵もない

[Pre-Hook]
Oh, it’s so sad to
Think about the good times
You and I

オー、なんて悲しいことかしら
仲良しだった頃のことを思うと
あなたと私が

[Hook]
‘Cause, baby, now we’ve got bad blood
You know it used to be mad love
So take a look what you’ve done
‘Cause, baby, now we’ve got bad blood, hey!

もう私たちは敵同士なの
以前はおかしなほど仲良しだったのに
あなたが何をしたか考えてみて
もう私たちは敵同士なの

Now we’ve got problems
And I don’t think we can solve ‘em
You made a really deep cut
And, baby, now we’ve got bad blood, hey!

今では 私たち問題ありよね
解決できるとは思えない
深く傷つけられたわ
もう私たちは敵同士なの

[Verse 2] … Kendrick Lamar
Remember when you tried to write me off?
Remember when you thought I’d take a loss?
Don’t you remember? You thought that I would need ya
Follow procedure, remember? Oh, wait, you got amnesia

覚えているか 俺を見限ろうとしたことを
覚えているか 俺が失敗すると思っていたことを
覚えていないのか?
俺がお前を必要とすると思っていたんだろ
逆だぜ
覚えているか おっと、お前は健忘症だったな

It was my season for battle wounds
Battle scars, body bumped, bruised
Stabbed in the back; brimstone, fire jumping through
Still, all my life, I got money and power
And you gotta live with the bad blood now

戦いで負傷する時期だったんだ
戦いで傷とあざだらけ
後ろから刺され
地獄を潜り抜けた
まだ 人生で 金と力はある
お前は憎しみと共に生きていくしかないんだ

[Pre-Hook]

[Hook]

[Bridge]
Band-Aids don’t fix bullet holes
You say sorry just for show
You live like that, you live with ghosts
You forgive, you forget, but you never let it go

バンドエイドで撃たれた穴はふさげない
あなたの「ごめん」は口だけ
そんな生き方してたら
ゴーストと生きることになるわよ
(※ゴーストはケイティのアルバム “PRISM” に収録されている)
あなたは許して忘れる
でも決して手放さない
(※引き抜かれたとされるダンサーを?)

Band-Aids don’t fix bullet holes
You say sorry just for show
If you live like that, you live with ghosts
If you love like that, blood runs cold

バンドエイドで撃たれた穴はふさげない
あなたの「ごめん」は口だけ
そんな生き方してたら
ゴーストと生きることになるわよ
そんな愛し方してると
血が凍ってしまうわよ

[Hook] ×2

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加