【解説】Disturbia / Rihanna(リアーナ)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2008年の今日(8月23日)、1位を獲得した Rihanna(リアーナ)の “Disturbia” について解説しました。

精神的苦痛、不安、混乱などがテーマになっている曲で、ダークなサウンドが特徴的なエレクトロ・ダンス・ポップ。

「ディスタービア」とは “disturb”(邪魔する、乱す)と “suburbia”(郊外)をくっつけた造語という説もありますが、意味としては「トワイライト・ゾーン」、すなわち「超常現象が起こる場所」のことのようです。

ソングライターの一人はリアーナの当時の恋人、クリス・ブラウンで彼はこの曲でバックヴォーカルも務めています。

フック(サビ)では、

あなたの心はディスタービア
闇が光るみたいに
ディスタービア 今夜あなたを怖がらせる
ディスタービア これまでのようにはいかないわよ

と歌われており、モダン・ヴァージョンの「スリラー」と言ってもいいような内容になっています。

ちなみに、この日の2位はクリス・ブラウンの “Forever”。

【リンク】
当時(2008/08/23)のチャート
リアーナのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加