【解説・和訳】The Monster / Eminem(エミネム)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2013年の今日(12月21日)、1位を獲得した Eminem(エミネム) feat. Rihanna(リアーナ)の “The Monster” を解説・和訳しました。

タイトルの「モンスター」とは名声と狂気のメタファーで、成功の代償としてプライバシーが失われたことへの不満と葛藤をラップしたヒップホップ。

『精彩を欠いている』と酷評する辛口の評論家ですら『歌詞以外は』と言わしめる良くできた歌詞ですが、ラップ部分はエミネム、そしてリアーナが歌うフック部分は(デビッド・ゲッタの “Hey Mama” でニッキー・ミナージュとともにフィーチャーされた)ビービー・レクサが書いているようです。

ビデオはエミネムの過去の3作品(”My Name Is”、”Lose Yourself”、”The Way I Am”)と、2001年のグラミー賞でエルトン・ジョンと一緒に “Stan” をパフォーマンスした時のシーンが使用されており、過去の自分と向き合い、そして決別するという内容になっています。

ちなみに、エミネムはリアーナとの再共演について、『世間は俺たちのことをクレイジーだと思っているから』と語っており、前回の “Love The Way You Lie” の成功に味を占めたわけではなく、あくまで曲のコンセプトにマッチするからというのが理由のようです。

【リンク】
当時(2013/12/21)のチャート
エミネムのヒット曲
リアーナのヒット曲

【和訳】
[Hook] … Rihanna
私はベッドの下(under my bed)に潜んでいるモンスターとお友達
頭の中(inside my head)の声(※悪魔のささやき)とも上手くやっている
あなたは私を助けようとしてるんでしょ
息をひそめるのは止めて
あなたは私がクレイジーだと思っているのね
私がクレイジーだと思っているのね

[Verse 1] … Eminem
俺は名声が欲しかった
でもニューズウィークの表紙になりたかったわけじゃねえ
まあいい 貧乏人は贅沢言えねえ
自分の音楽で注目を集めたかったんだ
悪いが世間とは離れたくなった
ケーキは欲しいし食べたい
両方なんだ(※名声も欲しいし、プライバシーも欲しい)
名声は俺を風船にした
息を吹いたらエゴが膨らんだのさ
でも困惑してた
俺はルーズリーフのブルース・リーになりたかった(※ラップの達人になりたかった)
(注:ルーズリーフとはエミネムが韻を踏んだラップの歌詞をメモしていたノートのこと)
うっぷん晴らしの道具として殴り書き(abused ink)した歌詞が大当たり
ウーウィー(※ブルース・リー風の叫び?)
それを手にした代償はほろ苦い
使い古しのミンク(used mink)を勝ち取ったみたい
皮肉にもビッグになりすぎて精神科医が必要
眠れなくなってきた
羊が一匹 羊が二匹
クール・キース(※変人扱いされている伝説的なラッパー)みたいに
おかしくなっちまう
でも俺は みんなが思っているより
変なやつなんだ
だって俺は

[Hook] … Rihanna

[Bridge] … Rihanna
それって何でもないことなの(Well, that’s nothing)
何でもないことなの
(注:リアーナ本人が “Well, that’s not fair” とは歌っていないとツイート)

[Verse 2] … Eminem
詩人って柄じゃないが
かつて俺に「その瞬間を掴め」「チャンスを無駄にするな」と言ったヤツがいる
(※エミネム自身の言葉。”Lose Yourself” の歌詞)
なにしろ だれにもわからない
明日なのか それがいつ来るのか
だから俺は(ラップを)唱え続ける
時々これがどこから湧き出てくるか考える
(よく考えろ 迷うのも無理はないし こんな風に考えもまとまらない)
ヨロレイヒーってヨーデルのひとつも出したくなるぜ
ジェフ・ヴァンヴァンドーレン(※作家、精神カウンセラー)に
ようやく巡り会ったんだ
俺には仲介人が必要なんだ
俺とモンスターの仲介をしてくれるヤツが
自分との闘いから自分を守らなきゃ
自分を殺したがってる
この気持ちが抑えられない
OCD(※強迫神経症)でボロボロだぜ
ずっとノックしてるのに(※打開しようとしているのに)
誰も出てこない(※答えが見つからない)
夢遊病みたいだ
頭の中の声 それをしゃべっているだけ
俺のせいじゃねえ
俺はただ(モンスターと)友達なだけなんだ…

[Hook] … Rihanna

[Bridge] … Rihanna

[Verse 3] … Eminem
クレイジーって呼べばいい
でも俺には見えている
一般人のように普通に街を歩ける日が
でもそれまでは俺がみんなブッ倒して
MCに昇り詰める(※M.C.ハマーのように上り詰める) 覚悟しな
(Dr.)ドーレの曲をやってる頃を思い出す
いじめられてるヤツらに聞かせてやるんだ
勇気を振り絞って 言い返せって
別にそんなガキを救うためにやってんじゃねえけど
そんなヤツらが1億人のうち
一人でもこの曲で救われたら
それはすげえことじゃねえか?
あのラッセル・ウィルソン(※背が低かったアメフトの名選手)だって
ドラフトで選ばれなかったけど そこから這い上がったんだ
麦わらを金に変えるランペルスティルスキン(※小人の名)の力なんて借りねえ
(※娘が小人の力を借りて麦わらを紡いで金に変え、王妃になるという物語から)
俺が干草でその小人を作ってやる
俺には拘束服が必要さ
実際 頭おかしいし
でもそれでいいんだ
何しろ 今でも俺は(モンスターと)友達だから

[Hook] ×2 … Rihanna

[Bridge] … Rihanna

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ななし より:

    この曲以来あまりエミネムの曲出ていないような・・・。

    自分はDr.Dreがプロデュースしていた時のエミネムのほうが好きでしたね。

    • 私はプロデューサとしてのエミネムのほうが好きかも。
      死後のトゥパックとノトーリアスB.I.G.を共演させたり、50セントの “In Da Club” のキャッチーなイントロを(ビデオで)あえて長くしたり…ラップと同等の才能があると思います。

  2. ななし より:

    確かにエミネムはキャッチーなイントロやBGMをつくるのが得意ですよね。
    どんな曲でも一度聞いただけで忘れないですし。