【解説】Rude Boy / Rihanna(リアーナ)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2010年の今日(3月27日)、1位を獲得した Rihanna(リアーナ)の “Rude Boy” について解説しました。

不良少年をセクシャルに挑発してしている曲で、レゲエっぽいダンスホール。

リアーナはこの曲について、『ときどき女の子が憧れるバッド・ボーイに関する曲で、そこには危険とスワガ(※「自分の生き方」というニュアンスの意味)があるの』と語っています。

“Rated R”(R指定)というタイトルのアルバムに収録されているだけあって、

こっちに来て ルード・ボーイ
ちゃんと勃つの?
こっちに来て ルード・ボーイ
大きくなった?

とエロエロな歌詞になっており、単調で冷たい感じのヴォーカルには厳しい批評がある一方、リスクを取ってこういう曲をやるリアーナのチャレンジ精神は立派とも評されています。

また、オートチューンを使わずにこの曲をライブでやるリアーナの勇気もある意味立派だと思います。

【リンク】
当時(2010/03/27)のチャート
リアーナのヒット曲

RudeBoy

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加