【解説・和訳】 One More Night / フィル・コリンズ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1985年の今日(3月30日)、1位を獲得した Phil Collins(フィル・コリンズ)の “One More Night” を解説・和訳しました。

自分の気持ちをわかってもらうために「もう一晩だけ(チャンスが)欲しい」と歌われている曲で、ポライト(丁寧・礼儀正しい)だけれどもソウルフルなヴォーカルが印象的なソフト・ロック・バラード。

「もう一晩」という、ややもすると低俗な意味にも取られかねないタイトルのこの曲は、「自分の献身の気持ちを伝えるために、もう一日だけ時間が欲しい」というのが趣旨のようで、フィル・コリンズ本人は『ネガティブな気持ちになって落ち込んでいるふうではなく、温かくてより楽観的な感じ(の歌詞)にした』と語っています。

とは言え、元ジェネシスのドラマーのフィルがスティックを置き(ドラムはリズムマシーンのTR-808に任せて)、ピアノを引きながら歌う姿は哀愁が漂っています。

【リンク】
当時(1985/03/30)のチャート
フィル・コリンズのヒット曲
同名異曲のナンバーワン・ソング

【和訳】
[Verse 1]
One more night, one more night
One more night ooh ooh ooh
One more night, one more night
One more night ooh ooh ooh
もう一晩、もう一晩

I’ve been trying ooh so long to let you know
長い間ずっと 君にわかってもらえるようにしてきた

Let you know how I feel
僕の気持ちを伝えてきた

And if I stumble if I fall, just help me back
もし僕が躓いたり失敗したら、助けが欲しい

So I can make you see
君にわかってもらえるようにするから

[Hook 1]
Please give me one more night, give me one more night
お願いだからもう一晩、もう一晩だけくれないか

One more night ‘cause I can’t wait forever
もう一晩 ずっと待つことはできないから

(繰り返し ×2)

[Verse 2]
I’ve been sitting here so long
長い間ずっと ここに座っている

Wasting time, just staring at the phone
時間をつぶしながら 電話を見つめている

And I was wondering should I call you
君に電話すべきか悩んでいたんだ

Then I thought maybe you’re not alone
きっと今の君はひとりじゃないだろうから

[Hook 1]
(繰り返し ×3)

[Bridge]
Like a river to the sea
川が海に流れ着くように

I will always be with you
僕はずっと君と一緒にいられる

And if you sail away
もし君が航海に出るのなら

I will follow you
僕が追い風になる

[Hook 2]
Give me one more night, give me just one more night
お願いだからもう一晩、もう一晩だけくれないか

Oh one more night, ‘cause I can’t wait forever
もう一晩 ずっと待つことはできないから

I know there’ll never be a time you’ll ever feel the same
君の気持ちが戻ることはないってわかってるんだ

And I know it’s only words
ただの言葉にすぎないってことも
(※言葉で言うのは簡単ってことも)

But if you change your mind, you know that I’ll be here
でも、もし気が変わったら 僕はいつでもここにいるから

And maybe we both can learn
お互いに何かを学べるよね

[Outlo (Hook 1)]
(繰り返し ×2)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加