【解説】 Against All Odds / フィル・コリンズ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1984年の今日(4月21日)、1位を獲得した Phil Collins(フィル・コリンズ) の “Against All Odds (Take A Look At Me Now)”(邦題「見つめて欲しい」) について解説しました。

映画「カリブの熱い夜」の主題歌としても使用されたパワーバラードで、離婚した元妻に向けた失恋ソング。

グラミーの最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス受賞曲で、マライア・キャリーがカヴァーしたことでも知られています。

タイトルは「かなり可能性が低い」、「きっと無理」というようなニュアンスで、フック(サビ)では、

僕を見てくれ
まるで抜け殻になってしまった
何もかも失った
あるのは君の面影だけ

僕を見てくれ
まるで抜け殻になってしまった
きみはきっと戻っては来ない
それが現実なんだ

と歌われています。

【リンク】
当時(1984/04/21)のチャート
フィル・コリンズのヒット曲

AgainstAllOdds

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加