【解説】Only Girl (In The World) / リアーナ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2010年の今日(12月4日)、1位を獲得した Rihanna(リアーナ)の “Only Girl (In The World)” について解説しました。

ベースとシンセを中心としたサウンドにユーロポップの要素を取り入れ、跳ねるようなダンスポップになっているこの曲、

私が世界でたった一人の女の子って感じさせて欲しいの

というサビの歌詞が「自分を素晴らしいと感じられる曲」というコンセプトを象徴しており、リアーナの力強いヴォーカルが「そびえ立つ」名曲だと思います。

ちなみに、広大な自然の中で撮影されているこの曲のビデオに登場するのも「たった一人の女の子」。

【リンク】
当時(2010/12/04付)のチャート
リアーナのヒット曲

OnlyGirl

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加