【解説】On Bended Knee / Boyz II Men(ボーイズ・II・メン)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1994年の今日(12月3日)、1位を獲得した Boyz II Men(ボーイズ・II・メン)の “On Bended Knee” について解説しました。

14週続いていた自身の “I’ll Make Love To You” に代わっての No.1 で、これは1964年にビートルズの “I Want To Hold Your Hand” に代わって “She Love You” が、その “She Loves You” に代わって “Can’t Buy Me Love” が1位になって以来の記録だそうです。

ジャネット・ジャクソンの9曲のナンバーワン・ヒットを手掛けたジミー・ジャム&テリー・ルイスが書いたこの曲は、

君が戻ってくるまで 僕は決して立ち去らない
こうして ひざまずいているんだ (“I’m down on bended knee”)

と歌われており、タイトルにもなっている “On Bended Knee” の “knee”(ひざ) が複数形(両ひざ)ではなく単数形(片ひざ)でプロポーズの姿勢を表す言葉になっていることからも、(復縁の)告白ソングだと解釈することができます。

ちなみに、この曲のビデオにはメンバー4人のそれぞれの元恋人で、後にいずれも仲直りした女優4人が登場しています。

【リンク】
当時(1994/12/03)のチャート
ボーイズ・Ⅱ・メンのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加