【解説】End of the Road / Boyz II Men(ボーイズ・II・メン)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1992年の今日(8月15日)、1位を獲得した Boyz II Men(ボーイズ・II・メン)の “End of the Road” について解説しました。

エディ・マーフィー主演映画「ブーメラン」の挿入歌で、別れをなかなか受け入れられない男の気持ちを歌ったR&B。

もともとは(この曲のソングライターの一人の)ベイビーフェイスが自ら歌う予定だったものの、ボーイズ・Ⅱ・メンのほうが向いていると判断して彼らに譲ったそうです。

その判断が間違いではなかったことを証明するかのように、当時エルビス・プレスリーの “Hound Dog / Don’t Be Cruel” が持っていた11週を超える13週連続1位を記録、この年の年間チャートでもナンバーワン、グラミーでは最優秀R&Bパフォーマンス(デュオまたはグループ)と最優秀R&Bソングの2冠に輝いています。

僕たちは行き止まりまで来てしまったけど
まだ君をあきらめたくない
だって不自然だろ
君は僕のもので 僕は君のものなんだから

というフック(サビ)は、これぞボーイズ・II・メンという美しいハーモニーで聴き惚れてしまいます。

【リンク】
当時(1992/08/15)のチャート
ボーイズ・II・メンのヒット曲

EndOfTheRoad

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加