【解説・和訳】Physical / Olivia Newton-John(オリビア・ニュートン・ジョン)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1981年の今日(11月21日)、1位を獲得した Olivia Newton-John(オリビア・ニュートン・ジョン)の “Physical” を解説・和訳しました。

エアロビクスがブームになっていたフィットネス業界に多大な恩恵をもたらした曲で、オリビアが清純派から脱却したセクシャルなダンス・ポップ。

後にシカゴの “Hard Habit To Break” やクリスティーナ・アギレラの “Genie in a Bottle” なども手がけたスティーヴ・キプナー(他)が書いたこの曲は、80年代に最も売れた曲となっており、1982年の年間ナンバーワンに輝いています。

【リンク】
当時(1981/11/21)のチャート
オリビア・ニュートン・ジョンのヒット曲

【和訳】
[Verse 1]
あなたの好みは知ってるわ
楽しく話しましょう
あなたの扱いには慣れている
わかるでしょ?
行きつけのレストランに連れて行き
それから思わせぶりな映画
もう話すことは何もないわ
体を重ねるだけ

[Hook] ×2
一緒にフィジカル
身体で語り合うの
フィジカルしましょ
ボディー・トークよ
あなたの体は何を語るの?

[Verse 2]
おとなしくお行儀よくしてたわ
でも もう我慢できない
わかるでしょ?
あなたは理解してくれる
お互い通じ合ってるの
私の中のケダモノを
あなたが目覚めさせた

[Hook] ×2

[Bridge]
(ギターソロ)

[Hook] ×2

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ななし より:

    この年代らしい曲ですね。
    Bridgeのギターが印象的です。

  2. ポップス小僧 より:

    当時はよく聞かされました。
    今でも食傷気味。
    ライバルはフォ(ー)リナーではなく、
    実はダリル・ホールとジョン・オーツ。
    フォリナーって相撲でいうと稀勢の里かしら。