ビルボード Hot 100(2016/02/27付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2016/02/27付 ビルボード Hot 100 トップ10解説



1位右上矢印 (先週2位、最高位1位)
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – Love Yourself
首位奪回で2週目の1位。
グラミー初受賞(”Where Are U Now” でベスト・ダンス・レコーディング賞を獲得)となったジャスティン、この曲は『君は僕のパレードにいつも雨を降らせていたね』というちょっと変わった表現の歌詞で始まりますが、これはバーブラ・ストライザンドの “Don’t Rain On My Parade” からの引用になっています。
【解説・和訳】Love Yourself / ジャスティン・ビーバー


2位右上矢印 (先週4位、最高位2位)
Twenty One Pilots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ) – Stressed Out
2ランクアップで最高位更新。
ビデオの中で二人がやっているおかしなハンドシェイクですが、ツアー中に車ではなく初めてホテルに泊まれた夜に考えたものだそうで、彼らは『子供じみてて滑稽とわかっているけどついにお披露目できてちょっと嬉しい』と語っています。


3位右矢印 (先週3位、最高位1位)
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – Sorry
変わらずでトップ3をキープ。
ビルボードでの順位をスコア化して算出したジャスティン・ビーバーのヒット曲ランキングでは、この曲が(多くの評論家が昨年のベストソングに選んでいる) “What Do You Mean?” を抜いて1位になっています。
【解説・和訳】Sorry / Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – ヒット曲ベスト20(更新)


4位右上矢印 (先週7位、最高位4位)
Rihanna(リアーナ) feat. Drake(ドレイク) – Work
3ランクアップで最高位更新。
ビルボード史上8人目となる20曲目のトップ5入りを果たしたリアーナのこの曲、デビュー曲 “Pon De Replay” (Play it againの意味)同様、彼女の故郷のバルバドスの方言が使われていますが、意味を曖昧にすることで曲が持つエロさを多少薄めているような気がします。


5位右上矢印 (先週8位、最高位5位)
Flo Rida(フロー・ライダー) – My House
3ランクアップで最高位復帰。
「俺の家にようこそ」という曲ですが、ジャンル的には今までとはちょっとだけ違うヒップ・ハウスなのでひょっとしたら「俺のハウスにようこそ」という二重の意味になっているのかもしれません。
Flo Rida(フロー・ライダー) – ヒット曲ベスト10(更新)


6位右下矢印 (先週5位、最高位1位)
Adele(アデル) – Hello
ワンランクダウンでトップ5から陥落。
過激な発言を繰り返す大富豪で共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏に無断で曲を使用されていることについて不快感を示し抗議しているというアデル、ちなみに使用されているのは “Skyfall” と “Rolling In The Deep” で「償い」がテーマになっているこの曲は彼の好みではないようです。
【解説・和訳】Hello / Adele(アデル)


7位右下矢印 (先週1位、最高位1位)
ZAYN(ゼイン) – PILLOWTALK
6ランクダウンで1位から陥落。(1位→7位というのはリアーナ feat. ドレイクの “What’s My Name” 以来5年3ヶ月ぶり)
ワン・ダイレクションを脱退してすぐに他のソングライターたちと一緒にこの曲を書いたというゼイン、『曲が意図しているのは(人間関係は)いい時もあるけど悪い時もあるってことなんだ』と語っており、やはりただの官能ソングではなく、ワン・ダイレクション時代=欲求不満、脱退=セックスによる欲求不満解消に例えている曲だと思われます。
【解説・和訳】PILLOWTALK / ZAYN(ゼイン)

g-eazy1
8位右上矢印 (先週10位、最高位8位)
G-Eazy(G・イージー) × BeBe Rexha(ベベ・レクサ) – Me, Myself & I
2ランクアップで最高位更新。
ヴァースだけでなくラッパーのG・イージーがフック、プリフック、ブリッジにも絡んでいるこの曲、もともとベベ・レクサが “I Don’t Need Anything” というタイトルで自分のデビューアルバムに収録する予定だったそうですが、なかなか決断できずにコラボを模索していたところ、G・イージーに気に入ってもらえたのが共演のきっかけだそうです。

9位右矢印 (先週9位、最高位6位)
The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ) feat. ROZES(ローゼス) – Roses
変わらず9位。
この曲がブレイクした一因はジャスティン・ビーバーのサポート(添付のビデオ)と彼の “Love Yourself” とのマッシュアップが話題になったから。ジャスティンはビデオで “You gotta send this to Chainsmokers.”(これをチェインスモーカーズに送ってくれ) “You know I’m a fan, even though I stole their videographer.”(彼らのビデオ撮影スタッフを盗んでるけど、僕はファンなんだ) と言いながら歌っています。

shawn-mendes
10位アップ (先週11位、最高位4位)
Shawn Mendes(ショーン・メンデス) – Stitches
ワンランクアップでトップ10復帰。
今年初で3週ぶりのトップ10カムバックとなったこの曲、これで18週目のトップ10でトップ3に入れなかった曲としてはウォーク・ザ・ムーンの “Shut Up And Dance” 以来ビルボード史上8曲目となっています。

今週は月曜日が大統領の日で祝日だったため、更新がいつもより1日遅くなりました。来週はいつも通り火曜日の朝(9時頃)の更新となりますのでよろしくお願いします。

以上、最新のチャートでした。

(関連記事、コメント欄はこの下)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ヒット好き より:

    リアーナとtop、そしてフローライダーが調子いいですね。
    特にリアーナの伸び率が凄いですね。来週ジャスティン首位また危ないのでは?
    そして地味なんですが、weeknd以来のヨーヨーですね。

  2. ヒット好き より:

    来週はグラミー賞、そしてスーパーボウルの影響があるので、チャートがまた荒れるのでは?リアーナももうすぐビデオ出す可能性あるらしいので

    • コールドプレイが急上昇しているのでスーパー・ボウルの影響は今週のチャートに反映されていると思います。
      グラミーの影響は来週になりますが、トップ10にまでは波及しないのでは…

  3. はろ より:

    G-Easyは、I Mean Itという曲から好きになっていたので嬉しいです。

  4. ヒット好き より:

    私はG eazyはきゃりーとのコラボで好きになりました。せめてトップ5はいってほしいですね。最近のチャートはルーキーが多いので、新鮮味がありますね。
    今のところトップ10しそうな勢いなのは7yearsとsugarの作曲者の曲ですかね。

  5. ななし より:

    来週予想
    1位Work
    2位Stressed Out
    3位Love Yourself
    4位my house
    5位sorry
    6位Hello
    7位Me,myself&i
    8位Cake By The Ocean
    9位Roses
    10位When We Were Young

    ビヨンセのFormationはいつになったら来るんでしょうか?
    リアーナ1位はありえますね

    • ビルボードによると来週はリアーナの1位がほぼ確実のようです。
      ビデオも月曜日にリリースされるそうなので、再来週の1位も間違いないかも…

      ビヨンセの “Formation” ですが、まだデジタルではリリースされていないのでは?(ストリーミングもTIDALだけ?)
      それにポリティカル・ソングというか、社会問題を扱った曲はラジオでは流しにくいと聞いたことがあります。