【解説】Kiss / Prince(プリンス)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1986年の今日(4月19日)、1位を獲得した Prince(プリンス) の “Kiss” について解説しました。

ヴォーカルが全編ファルセット(裏声)のファンク・ロックで、グラミーの最優秀R&Bヴォーカルパフォーマンス(デュオ/グループ)受賞曲。

クレジットはされていないものの、元レヴォリューションのウェンディがフィーチャーされており、彼女が弾くギターのコードカッティングはこの曲の特徴にもなっています。


ビデオでは、耳元で『卑猥なことは言わないで、ベイビー』と囁くプリンスに対して、迷惑そうな表情を浮かべていたのも印象的です。

また、映画「プリティ・ウーマン」でジュリア・ロバーツがバスタブの中で歌っていたように、

リッチである必要はない
僕の女になるためには
クールである必要はない
僕の世界を支配するためには
特別なサインなんかなくても 僕は上手くやれる
僕はただ 君との特別な時間と キスが欲しいだけなんだ

というフック(サビ)はつい口ずさみたくなるフレーズだと思います。

ちなみに、この日の2位にランクインしているバングルスの “Manic Monday” もプリンスが書いた曲。

【リンク】
当時(1986/04/19)のチャート
プリンスのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加