【解説】Diamonds And Pearls / Prince(プリンス)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1992年の今日(2月15日)、最高位3位を記録した Prince(プリンス) & The N.P.G. の “Diamonds And Pearls” について解説しました。

プリンスのファルセット(裏声)ではないラブ・バラード。

ギターとドラムを効かせてロックの要素も残しつつ、ニュー・パワー・ジェネレーションの女性ヴォーカリスト、ロージー・ゲインズをフィーチャーすることによってAC(アダルト・コンテンポラリー)のような雰囲気作りにも成功していると思います。

サビは、1982年のシングル “International Lover” の「いい子にしてたらダイアモンドとパールを買ってあげる」という歌詞のエコーになっており、

ダイアモンドとパールをあげたら
君は幸せになれるんだろうか
できることなら何だってあげたい
でも僕にできるのは この愛を捧げることだけなんだ

と歌われています。

ちなみに、ビデオを含め著作権管理が徹底しているプリンスの楽曲ですが、この曲はリル・ウェインの “Diamonds And Girls” という曲でサンプリングされています。

【リンク】
当時(1992/02/15)のチャート
プリンスのヒット曲

↓ “Diamonds And Pearls” をサンプリングしたリル・ウェインの曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加