【解説】Have You Ever Really Loved A Woman? / ブライアン・アダムス

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1995年の今日(6月3日)、Bryan Adams(ブライアン・アダムス)の “Have You Ever Really Loved A Woman” が1位を獲得しています。

映画「ドン・ファン」の主題歌で、フラメンコ・ギターが特徴的なソフト・ラテン・ロック。

ブライアン・アダムスが映画の主題歌で1位を獲得するのは
“(Everything I Do) I Do It For You”(映画「ロビン・フッド」の主題歌)
“All For Love”(映画「三銃士」の主題歌)

に続いて3曲目で、通算では4曲目のナンバーワン・ヒットとなっています。

この曲は自身のアルバム “18 til I Die”(死ぬまで18歳) にも収録されていますが、

女を愛するときは
彼女に自分が本気だってことを伝えるんだ
女を愛するときは
自分には君だけだってことを伝えるんだ
彼女には必要なんだ いつも一緒だって言ってくれる誰かが
だから聞かせてくれ
本当に 本当に 一人の女を愛したことがあるのかい?

という歌詞は、永遠の18歳のセリフだとすると大人すぎるような気がします。

【リンク】
当時(1995/06/03)のチャート
ブライアン・アダムスのヒット曲

HaveYouEverReallyLovedAWoman

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ハムアクター より:

    2000年頃のラテンブームの先駆けを
    感じる曲ですね 懐かしいな