【解説】All For Love / ブライアン・アダムス

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1994年の今日(1月22日)、1位を獲得した Bryan Adams(ブライアン・アダムス) / Rod Stewart(ロッド・スチュワート) / Sting(スティング) の “All For Love” について解説しました。

映画「三銃士」の主題歌で、タイトルは三銃士のモットーになっている “One for all, all for one”、「一人はみんなのために、みんなは勝利のために※」という言葉にインスパイアされたという「おやじロック」。(※「みんなは一人のために」は誤訳)

ソングライターはブライアン・アダムス、シャナイア・トゥエインの夫で大物プロデューサーのロバート・ランジ、そして映画音楽制作者で指揮者のマイケル・ケイメンというトリオ。

あなたから愛を受け取って
僕は誠実な男になる
あなたが愛に生きるとき
僕は決して裏切らない
  :
  :
すべては勝利(幸せ)のために
そして愛のために

と歌われていることから、結婚式に使われる曲の定番にもなっています。

ちなみに、映画「三銃士」には米人気テレビシリーズ「24 -TWENTY FOUR-」のジャック・バウアー役、キーファー・サザーランドが三銃士の一人として出演しています。

【リンク】
当時(1994/01/22)のチャート
ブライアン・アダムスのヒット曲
ロッド・スチュワートのヒット曲
スティングのヒット曲

AllForLove

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加