【解説・和訳】 Fortress Around Your Heart / スティング

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

1985年の今日(10月26日)、最高位8位を記録した Sting(スティング) の “Fortress Around Your Heart” を解説・和訳しました。

要塞や地雷などのワードが離婚に至った夫婦関係のメタファーになっている曲で、文学的な味わいのある歌詞とサックスのサウンドが印象的なニューウェーブ・ロック。

スティング自身は「調停の曲」というこの曲は、「君の心を取り囲む要塞」という意味のタイトルと文学作品のような歌詞、そしてこの作品のクライマックスを演出するブランフォード・マルサリス(世界トップクラスのジャズ・サックス奏者)によるサックスも非常に印象的で、(恐らくありふれた)離婚に至る夫婦関係を芸術作品に昇華させた佳曲ですが、最高位は8位止まりとなっており、スティングの最も過小評価されている曲の一つと言われています。

ちなみに、フックでは『堀と有刺鉄線で君を取り囲んでしまったのなら、その深い溝を埋めることなどできないからブリッジ(橋)を架けさせてくれ』と歌われていますが、この曲にブリッジ(いわゆるミドル8:フックとフックをつなぐ真ん中の8小節)はなく、本人は「このことそのものが象徴的」と語っています。

スティングは詩才に富んでおり、ジョン・レノンや(ノーベル文学賞を受賞した)ボブ・ディランと通じるものを感じます。

【リンク】
当時(1985/10/26)のチャート
スティングのヒット曲

【和訳】
[Verse 1]
Under the ruins of a walled city
Crumbling towers and beams of yellow light
No flags of truce, no cries of pity
The siege guns had been pounding all through the night

城壁に囲まれた都市の遺跡の下
黄色のライトに照らされる崩れかけの砦
停戦の旗も哀れみの叫びもない
包囲射撃は一晩中続いていた

It took a day to build the city
We walked through its streets in the afternoon
As I returned across the fields I’d known
I recognized the walls where I’d once laid

一日にして成ったこの都市
二人で昼下がりに歩いたその街路
見慣れた野原を引き返すと
かつて自分が築いた壁が目に留まる

[Pre-Hook]
I had to stop in my tracks for fear
Of walking on the mines I’d laid

思わず足を止めるしかなかった
自分自身で埋めた地雷を踏むのを恐れて

[Hook]
And if I built this fortress around your heart
Encircled you in trenches and barbed wire
Then let me build a bridge
For I cannot fill the chasm
And let me set the battlements on fire

もし僕が君の心を取り囲む要塞を築いて
堀と有刺鉄線で君を取り囲んでしまったのなら
橋を架けさせてくれないか
その深い溝を埋めることなどできないから
そしてその壁に火を放たせてくれ

[Verse 2]
Then I went off to fight some battle
That I’d invented inside my head
Away so long for years and years
You probably thought or even wished that I was dead
While the armies are all sleeping
Beneath the tattered flag we’d made

そして僕は戦いに出かけた
頭の中で作り上げた戦いに
長年にわたる不在で
君はたぶん思ったんだろう
いやそう願ったかもしれない
僕が死んでしまったと
自分たちで作ったボロボロの旗を掛けて
軍隊がみんな眠っている間に

[Pre-Hook]

[Hook]

[Verse 3]
This prison has now become your home
A sentence you seem prepared to pay

この監獄は今や住処になった
君は保釈金の準備ができているのかも

It took a day to build the city
We walked through its streets in the afternoon
As I returned across the fields I’d known
I recognized the walls where I’d once laid

一日にして成ったこの都市
二人で昼下がりに歩いたその街路
見慣れた野原を引き返すと
かつて自分が築いた壁が目に留まる

[Pre-Hook]

[Hook]

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加