ビルボード Hot 100(2019/10/26付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2019/10/26付 ビルボード Hot 100 トップ10解説


1位右上矢印 (先週2位、最高位1位)
Lizzo(リゾ) – Truth Hurts
今週もラジオを制し、返り咲きで7週目の1位。
この曲のメロディーとコード、そして『DNA検査したら分かったんだけど、私は100%ビッチだって』という歌詞は、自分たちが書いた “Healthy” という曲のパクリだとしてジャスティン・レイセンというソングライターに計10%の印税を求める訴えを起こされたリゾ。彼女の代理人が「無関係」と声明を出していますが、実際に聴き比べてみると…真実がこの曲の評価を傷つけることになるかもしれません。
(※”Good As Hell” が今週20位に上昇したため、この曲は一発ヒットランキングから外れました。)
【解説・和訳】 Truth Hurts / Lizzo(リゾ)


2位右上矢印 (先週3位、最高位1位)
Shawn Mendes(ショーン・メンデス) & Camila Cabello(カミラ・カベロ) – Señorita
こちらもワンランクアップ。
これで2位はトータル9週目(2位9週以上はビルボード史上13曲目で7位タイ)。先日開催された日本公演ではパフォーマンスされなかったこの曲、ビデオが依然好調で、ミュージック・ビデオとしては歴代1位のLike率をキープしつつ、再生回数は7億回を突破しています。
【解説・和訳】 Senorita / ショーン・メンデス&カミラ・カベロ


3位右上矢印 (先週5位、最高位3位)
Lewis Capaldi(ルイス・キャパルディ) – Someone You Loved
2ランクアップで最高位復帰。
イギリスでデビューアルバムをリリースする前にアリーナをソールド・アウトにした初のアーティストとなったルイス・キャパルディのこの曲、カミラ・カベロにカヴァーされたことでもちょっとした話題になっています。


4位右上矢印 (先週6位、最高位4位)
Post Malone(ポスト・マローン) – Circles
こちらも2ランクアップで最高位復帰。
辛いのに別れられないでいるカップルがはまった悪循環について歌われているこの曲、4位以下で毎週順位変動していますが、この循環から上に抜け出す可能性は十分にあると思います。


5位右上矢印 (先週7位、最高位5位)
Chris Brown(クリス・ブラウン) feat. Drake(ドレイク) – No Guidance
同じく2ランクアップで最高位復帰。
トップ10滞在はこれで17週目。これはトップ3入りしていない曲としてはDJ・スネーク ft. ジャスティン・ビーバーの “Let Me Love You”(2016年、最高位4位)など5曲と並びビルボード史上10位タイの記録となっています。
Chris Brown(クリス・ブラウン) – ヒット曲ベスト20
Drake(ドレイク) – ヒット曲ベスト20


6位右下矢印 (先週1位、最高位1位)
Travis Scott(トラヴィス・スコット) – HIGHEST IN THE ROOM
今週もストリーミングは制したものの5ランクダウン。
1位から6位へのダウンはレディ・ガガ&ブラッドリー・クーパーの “Shallow”、ジョナス・ブラザーズの “Sucker” に続いて今年3曲目。セールスのダウン(2位→20位)が厳しくラジオ向きとも言えないため、”Sucker” のようなトップ10長期滞在(22週)は難しいと思われます。ちなみに、来週トップ10から消えるようなことがあれば(&復帰もなければ)1位獲得曲のトップ10滞在最短記録(タイ記録)となってしまいます。


7位右上矢印 (先週8位、最高位4位)
Lil Tecca(リル・テッカ) – Ran$om
ワンランクアップ。
ストリーミングでは異常な(?)人気を誇っているこの曲、サウンドクラウド(音声ファイル共有サービス)のストリーミングチャートではポスト・マローンの “rockstar” の記録を破り86週間1位を続けています。


8位右上矢印 (先週9位、最高位1位)
Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ) – bad guy
こちらもワンランクアップ。
これでトップ10内では10位を除いてすべての順位に滞在したことになるこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではメーガン・トレイナーの “All About That Bass”(2014年、最高位1位)と並び22位→20位に上昇、トップ20入りしています。
【解説・和訳】 bad guy / ビリー・アイリッシュ


9位右上矢印 (先週10位、最高位5位)
Lil Nas X(リル・ナズ・X) – Panini
同じくワンランクアップ。
今年のトップ10滞在週はトータル31週となりスワエ・リーを抜いて単独2位(1位はポスト・マローンの75週)となったリル・ナズ・X。この曲はまだトップ10滞在5週目ですが、評論家の間では楽曲もビデオも高く評価されており、クリス・ブラウン ft. ドレイクの “No Guidance” と同じく長くトップ10に滞在する意外性はあると思います。

10位アップ (先週11位、最高位10位)
Juice WRLD(ジュース・ワールド) & YoungBoy Never Broke Again(ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン) – Bandit
ジュース・ワールドは2曲目、ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲインは初のトップ10。
悪女との関係を自慢する曲で、タイトルの “Bandit” は盗賊の意味。ジュース・ワールドはこのタイトルについて「俺は女のハートを盗むから」とコメントしています。ちなみに、この曲のヒットにより、”Lucid Dreams”(2018年、最高位2位)は一発ヒットランキングから外れています。

トップ10圏外では(いずれトップ10に復帰しそうな)ダン+シェイ&ジャスティン・ビーバーの “10,000 Hours” が4位→11位、セールスを制したマルーン5の “Memories” が20位→12位、そしてワン・ダイレクションのハリー・スタイルズの “Lights Up” が初登場で17位などとなっています。

以上、最新のトップ10紹介でした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加