【解説】Lady Marmalade / クリスティーナ・アギレラ,リル・キム,マイア,ピンク

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2001年の今日(6月2日)、1位を獲得した Christina Aguilera(クリスティーナ・アギレラ), Lil’ Kim(リル・キム), Mya(マイア) & Pink(ピンク)の “Lady Marmalade” について解説しました。

パティ・ラベル率いるガールズ・グループ、ラベルの1974年のNo.1ヒットのカヴァーで、映画「ムーラン・ルージュ」の主題歌。

オリジナル曲のリード・ヴォーカルを務めたパティ・ラベルは『娼婦について歌った曲とは神に誓って知らなかった』と語っていますが、クリスティーナ、リル・キム、マイア、ピンクは「それなりの」衣装でこの曲をパフォーマンスしており、このコラボレーションはグラミーで最優秀ポップ・コラボレーション賞を獲得しています。

ブーレブー クウシェ アベック モア、スソワ
(私と一緒に寝たくない? 今夜)

というフレーズが何とも印象的ですが、イントロとアウトロで登場しているプロデューサーのミッシー・エリオットの存在も見逃せません。

こちらはオリジナル。

【リンク】
当時(2001/06/02)のチャート
クリスティーナ・アギレラのヒット曲
リル・キムのヒット曲
マイアのヒット曲
ピンクのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加