【解説・和訳】Beautiful / クリスティーナ・アギレラ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2003年の今日(2月1日)、最高位2位を記録した Christina Aguilera(クリスティーナ・アギレラ) の “Beautiful” を解説・和訳しました。

内面的な美しさ、自己肯定、そして誰もが抱える不安感のようなものがテーマになっているポップ・バラード。

レディ・ガガの “Born This Way” と共に LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)のアンセム的な曲になっており、グラミーでは最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞に輝いています。

ちなみに、ソングライターはピンクの “Get The Party Started” なども手掛けているリンダ・ペリー。

【リンク】
当時(2003/02/01)のチャート
クリスティーナ・アギレラのヒット曲

【和訳】
[Verse 1]
毎日がとても素晴らしい
なのに突然 息苦しくなるの
時々 不安になる
苦しみに耐えられず
自分を恥じてしまう

[Hook 1]
誰が何と言おうと 私は美しい
言葉じゃそれを奪えない
どこから見ても 私は美しい
誰の言葉にも 傷ついたりしない
だから お願い 落ち込ませないで

[Verse 2]
あなたたちも 錯乱してるのね
過酷な運命に 疲弊して
虚しさを埋めようとして 一生懸命
最後の1ピースが見つからず パズルは未完成
まあ そんなところよね

[Hook 2]
誰が何と言おうと あなたは美しい
言葉じゃそれを奪えない
どこから見ても あなたは美しい
誰の言葉にも 傷ついたりしない
だから お願い 落ち込ませないで

[Bridge]
私たちが何をしようと
他人が何と言おうと
関係ない
そこにはいつも 太陽が輝いている
雲にさえぎられることもなく
私たちがどこへ行こうと
たとえ 太陽が輝いていなくても
明日になれば きっと道は開ける

[Hook 3]
誰が何と言おうと 私たちは美しい
言葉じゃそれを奪えない
どこから見ても 私たちは美しい
誰の言葉にも 傷ついたりしない
だから お願い 落ち込ませないで

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加