【解説】21 Questions / 50 Cent(フィフティ・セント)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2003年の今日(5月31日)、50 Cent(フィフティ・セント) feat. Nate Dogg(ネイト・ドッグ)の “21 Questions” が1位を獲得しています。

元ギャングだったフィフティの懺悔のような曲で、自分の中にある弱さや不安のようなものを吐露したポップ・ラップ。

俺たちは所詮 人間なんだ
間違いも犯す
罪滅ぼしになるなら何でもするぜ
デブがケーキを好きなくらい お前を愛してる
俺のことは分かってるだろ
お前を笑顔にするために 何でも話すぜ

とラップされており、クーリオのNo.1ヒット “Gangsta’s Paradise” と同種の哀愁のようなものも感じます。

また、今は亡きネイト・ドッグの

ガール 今なら簡単に俺を愛せるだろ?
俺が落ちぶれても 愛してくれるかい?
まだ俺を愛してくれるかい?

というフック(サビ)が切なく響いているのも印象的です。

【リンク】
当時(2003/05/31)のチャート
フィフティ・セントのヒット曲

21Questions

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. はろ より:

    初めて知った曲でした。ネイト・ドッグはスヌープ・ドッグのいとこなんですね?