ビルボード Hot 100(2017/04/01付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2017/04/01付 ビルボード Hot 100 トップ10解説



1位右矢印 (先週1位、最高位1位)
Ed Sheeran(エド・シーラン) – Shape Of You
今週も主要チャート3冠で8週目の1位。
ビデオで『シャツを脱ぐというのは僕のアイデアじゃなかった』、『最初は凄く嫌だったけど、最終的にはクールなことだと思った』と語っているエド・シーラン、そのビデオは一日平均1000万回以上再生されており、他の曲を圧倒しています。
【解説・和訳】Shape Of You / Ed Sheeran(エド・シーラン)


2位右上矢印 (先週3位、最高位2位)
Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) – That’s What I Like
ワンランクアップで最高位更新。
シンプルなビデオが好評で再生回数は前週比60%増となっているこの曲、一方、歌詞はラグジュアリーなライフスタイルがテーマになっており、冒頭では『マンハッタンでコンドミニアムを手に入れたんだ…君と君のオシリを招待するよ』と歌われています。


3位右下矢印 (先週2位、最高位1位)
Migos(ミーゴス) feat. Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート) – Bad And Boujee
ワンランクダウンもトップ3はキープ。
チャートポイント全体に占めるストリーミングのウェイトが大きくなり、繰り返し聴いている人の影響力が高くなっているのではないかとして、ビルボードの集計方法に疑問を抱く人も出てきているようですが、(※ビルボードの集計方法は昔から賛否あります)この曲がストリーミングのポイントだけでも上位をキープできている現状を見ると、そういう意見もわかるような気もします。
【解説・和訳】Bad And Boujee / Migos(ミーゴス)


4位右矢印 (先週4位、最高位2位)
ZAYN(ゼイン) & Taylor Swift(テイラー・スウィフト) – I Don’t Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker)
2度目の値下げで売上56%増ながら変わらず4位。
トップ10滞在はこれで10週となったこの曲、テイラーのヒット曲ランキングでは “Love Story”(2009年、最高位4位)を抜いて7位まで上昇しています。
【解説・和訳】I Don’t Wanna Live Forever / ゼイン & テイラー・スウィフト
Taylor Swift(テイラー・スウィフト) – ヒット曲ベスト20(更新)

5位アップ (先週12位、最高位5位)
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) feat. Daft Punk(ダフト・パンク) – I Feel It Coming
ビデオのリリースと値下げのダブル効果でトップ10復帰&トップ5入り。
後半にタイトル・フレーズが過度に繰り返されているこの曲、ただダフト・パンクのロボット・ヴォイスのコーラスがいいアクセントになっており、4:29という長さもあまり気にならない仕上がりになっていると思います。


6位右矢印 (先週6位、最高位6位)
Kodak Black(コダック・ブラック) – Tunnel Vision
変わらず最高位をキープ。
ドラッグや武器の所持などで現在服役中、さらに性的暴行も発覚して起訴され、有罪になれば最長で30年服役することになるというコダック・ブラックのこの曲、不買運動やレーベルによる楽曲提供の自主規制などはないようで、ストリーミングでは好調をキープしています。


7位右下矢印 (先週5位、最高位5位)
Rihanna(リアーナ) – Love On The Brain
2ランクダウンでトップ5から1週で陥落。
リアーナの多彩なヴォーカルが際立つ仕上げになっているこの曲、”Only Girl” や “Umbrella” のナンバーワン・ヒットでもヴォーカル・プロデューサーを務めたクーク・ハレルの存在が大きいようです。


8位アップ (先週11位、最高位5位)
The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ) & Coldplay(コールドプレイ) – Something Just Like This
再上昇でトップ10復帰。
ヴァースからフックにかけてクレシェンドしながら徐々に気持ちを高ぶらせて “I want something like this” というクライマックスに至るこの曲、コールドプレイとEDMの相性も◎だと思います。


9位右下矢印 (先週7位、最高位6位)
The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ) – Paris
2ランクダウン。
チェインスモーカーズはリアーナと並びビルボード史上6位となる46週連続トップ10入り。彼ら初のフィーチャード・アーティストなし(エミリー・ウォーレンがヴォーカルで参加していますがクレジットはなし)でトップ10入りしたこの曲、最高位が同じく6位だった “Rozes” と並ぶ6週目のトップ10となっています。

10位アップ (先週14位、最高位10位)
KYLE(カイル) feat. Lil Yachty(リル・ヤッチー) – iSpy
カイルは初、リル・ヤッチーは2曲目のトップ10。
ヘイターが言うことなんて気にしないで自分に起こる楽しいことにフォーカスしようというハッピー・ソング。

以上、最新チャートのトップ10でした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 東京FMのコスモポップスベストテンが3月25日で最終回です。
    45年前に聴き始めたので、残念です。