ビルボード Hot 100(2017/03/25付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2017/03/25付 ビルボード Hot 100 トップ10解説



1位右矢印 (先週1位、最高位1位)
Ed Sheeran(エド・シーラン) – Shape Of You
主要チャート3冠で7週目の1位。
アルバムもリリース(初登場1位、シングルとの同時制覇はドレイク以来)されて首位固め。UKチャートではこの曲が9週目の1位をキープしつつ、上位15曲のうち14曲がエド・シーランという史上初の快挙を達成しています。(ちなみにエド以外の曲は7位にランクインしているチェインスモーカーズ&コールドプレイの “Something Just Like This”)
【解説・和訳】Shape Of You / Ed Sheeran(エド・シーラン)


2位右矢印 (先週2位、最高位1位)
Migos(ミーゴス) feat. Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート) – Bad And Boujee
今週も2位をキープ。
歌詞にインスタグラム(写真共有)、ウーバー(タクシー配車)、クラウト(SNS上での影響力を数値化するサービス)といったアプリが登場するこの曲、ミーゴスの3人は見かけによらず(?)ITリテラシー(ITを使いこなす能力)が高いのかもしれません。
【解説・和訳】Bad And Boujee / Migos(ミーゴス)


3位右上矢印 (先週4位、最高位3位)
Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) – That’s What I Like
ビデオのリリース効果でトップ3入り。
先週開催された iHeartRadio Music Awards ではイノベーター賞を獲得したブルーノ・マーズ、トリで “Treasure” とこの曲をメドレーでパフォーマンスしています。


4位右下矢印 (先週3位、最高位2位)
ZAYN(ゼイン) & Taylor Swift(テイラー・スウィフト) – I Don’t Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker)
ワンランクダウンでトップ3から陥落。
シリーズ前作「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のサントラからのトップ10ヒット、ザ・ウィークエンドの “Earned It” とエリー・ゴールディングの “Love Me Like You Do” の最高位(共に3位)は超えたこの曲、一方、ビデオの再生回数はセクシーさ(歌詞+映像)の差がそのまま反映されているのか、現時点では “Earned It” の約半分、”Love Me Like You Do” の10分の1程度となっています。
【解説・和訳】I Don’t Wanna Live Forever / ゼイン & テイラー・スウィフト
Taylor Swift(テイラー・スウィフト) – ヒット曲ベスト20


5位右上矢印 (先週6位、最高位5位)
Rihanna(リアーナ) – Love On The Brain
ワンランクアップでトップ5入り。
恋人に暴力を受けている女の子に対して『僕なら君をもっとちゃんと扱うのに』と歌われているショーン・メンデスの “Treat You Better” のアンサー・ソングのような曲で、暴力を振るう恋人から離れられない女の子がテーマになっています。


6位右上矢印 (先週8位、最高位6位)
Kodak Black(コダック・ブラック) – Tunnel Vision
2ランクアップで最高位更新。
意外と多い「ママに言われた系」の歌詞が入っているこの曲、『ママが言ってたんだ、「決断しなさい」って。まさに今、俺はトンネル・ヴィジョン(※一つのことに集中すること)を続けているんだ』と歌われています。


7位右矢印 (先週7位、最高位6位)
The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ) – Paris
先週と変わらず。
チェインスモーカーズはこれで連続トップ10滞在が45週となり、ザ・ウィークエンドと並びビルボード史上7位。評論家からは厳しい評価を受けているこの曲、『最小の音楽的特徴しかない曲がまた同じショーケースに並べられた』と評する記事もありますが、彼ら独特のサウンドを確立しているとも言え、個人的な好き嫌いの問題のような気もします。


8位右上矢印 (先週9位、最高位6位)
Big Sean(ビッグ・ショーン) – Bounce Back
再上昇でワンランクアップ。
『僕らはみんな過去の何かから(学んでパワーアップして)戻って来る』と語っているビッグ・ショーン、ただ、『それを知っているだけではいけない』とも付け加えており、そのこともこの曲を通して伝えたかったメッセージだそうです。

9位アップ (先週24位、最高位9位)
Clean Bandit(クリーン・バンディット) feat. Sean Paul(ショーン・ポール) & Anne-Marie(アン・マリー) – Rockabye
クリーン・バンディットは2曲目、ショーン・ポールは11曲目、アン・マリーは初となるトップ10。
値下げで急上昇。子供を一人で育てているシングルマザーへの応援歌で、流行りのトロピカル・ハウス風ダンスホール・ミュージックになっています。


10位右矢印 (先週10位、最高位1位)
The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ) feat. Halsey(ホールジー) – Closer
今週もトップ10をキープ。
トップ10滞在はこれで32週目。約19年という深い眠りに入っていたリアン・ライムスの “How Do I Live” の記録と並び、ビルボード史上最長となっています。
【解説・和訳】Closer / The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)

注目されていたロードの新曲 “Green Light” は100位→19位にアップ、トップ20入りしています。

以上、最新チャートのトップ10でした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. はろ より:

    わーい。クリーンバンディットの曲気に入ってたんです!アン・マリーのボーカルいいし、ショーン・ポールがアクセントになっている、すぐわかる声です。