【解説】You Are Not Alone / マイケル・ジャクソン

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

1995年の今日(9月2日)、1位を獲得した Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)の “You Are Not Alone” について解説しました。

ビルボード史上初となる初登場1位を記録した曲で、「君はひとりじゃない」という歌詞から今ではマイケルを弔う曲としてもチョイスされているR&Bバラード。

ソングライターはR.ケリーで、マイケルが彼の “Bump And Grind” を聴いて気に入ったことから曲作りを依頼してきたそうです。

R.ケリーはこの曲について、

最初マイケルからオファーされたときは本当に感激したよ。(中略)この曲にはいろんな経験が詰まっているんだ。ぼくは今までに何人かの大切な人を失っているんだけど、彼らのことを想ってこんな曲ができたんだ
新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書:西寺 郷太より

と語っています。

君はひとりじゃない
僕がいるじゃないか
僕らは離れてしまっているけど
君はいつも僕の心の中にいるんだ

というフック(サビ)は、マイケルが天国から送ってくれているメッセージのようでもあり、今は亡きキングに向けたファンたちの想いのようにも感じられます。

【リンク】
当時(1995/09/02)のチャート
マイケル・ジャクソンのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加