【解説・和訳】Scream / マイケル・ジャクソン

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) & janet Jackson(ジャネット・ジャクソン)の “Scream” を解説・和訳しました。

マイケルが亡くなって1年になろうとしていますが、マイケルの死によって、今まで彼のことをあまり知らなかった若い世代の人たちにも改めて彼の音楽性や芸術性が評価され始めているようです。

そこで今回は彼の作品を評価する上で決して欠かすことができない、妹のJanet(ジャネット)と共演した”Scream”という曲をご紹介したいと思います。

この曲はマイケルが作ったものですが、ジャネットのプロデューサーであるジミー・ジャムとテリー・ルイスがプロデュースしており、かなりぶっ飛んだ感じに仕上がっています。

デジタルだけれどもひずんだサウンド、そして新しい時代を予告するような映像の中でマイケル・ジャクソンの隔離された精神状態が独特な叫び(Scream)になって表れている作品だと思います。

Michael Jackson & Janet Jackson
– Scream –

不公平に疲れた たくらみに疲れた 嫌気がさした
つまりどういうことか
僕を蹴り倒すんだ
僕は立ち上がらなければならない
ジャッキで起こされるように
全体のシステムが吸い込んでゆく

闇をのぞいてみる 光が差し込む
間違っているとあなたは言うけれど
それならあなたが正しいということを証明すべき
あなたは魂を売り尽くしているけど
私は自分の魂が大切なの
強くならなくては 闘いをあきらめないわ

そんな混乱で叫びたくならないのか
たくらみのバッシング 罵倒 苦しみ

彼らの調べるあらゆる嘘に負けてはならない

情けを持って欲しい もう耐えられない

プレッシャーをかけないでくれ
プレッシャーをかけるのをやめてくれ
叫びたくなるんだ

勝手な作り話には疲れた
混乱を招くだけだ
君はそれでいいと思っている

規則を変えている ゲームをしている間に
これ以上耐えられない 気が変になりそうだ

Scream

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加