ビルボード Hot 100(2015/09/12付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2015/09/12付 ビルボード Hot 100 トップ10解説



1位右上矢印 (先週2位、最高位1位)
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) – Can’t Feel My Face
返り咲きで2週目の1位。
日曜日に開催された MTV Video Music Awards でこの曲をパフォーマンスしたウィークエンド、ビデオの火だるまシーンを彷彿とさせる演出が好評だったようです。
【解説・和訳】Can’t Feel My Face / The Weeknd(ザ・ウィークエンド)


2位右下矢印 (先週1位、最高位1位)
OMI(オーミ)- Cheerleader
2度目の1位陥落。
先週の土曜日、テイラー・スフィフトのツアーにスペシャル・ゲストとして登場してこの曲をパフォーマンスしたオーミ、テイラーとのヴォーカルの共演はなかったものの、会場はかなり盛り上がっていたようです。


3位右矢印 (先週3位、最高位3位)
Silento(サイレント) – Watch Me
トップ3キープでトップ10はこれで10週目。
『初めて聴いたときはIQが下がるのを感じた』という酷評もある一方で、今年最大級のダンス・トレンドとなっている曲。


4位右上矢印 (先週5位、最高位4位)
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) – The Hills
ワンランクアップで最高位更新。
ダークな雰囲気漂うこの曲、「エルム街の悪夢」で知られるウェス・クレイヴン監督のホラー映画 “The Hills Have Eyes”(邦題:サランドラ)がモチーフになっているようです。


5位右下矢印 (先週4位、最高位4位)
Major Lazer(メジャー・レイザー) & DJ Snake(DJスネーク) feat. MØ(ムー) – Lean On
一歩後退。
『普通の耳(流行りのサウンドを聴きなれた耳)には奇妙に聴こえたとしてもクラシックを感じられるサウンドを作っていきたい』と語っているメジャー・レイザーのディプロ、この曲はやや風変りな感じはするものの、懐かしさと新しさが同居したサウンドになっていると言われています。
【解説・和訳】Major Lazer(メジャー・レイザー) – Lean On


6位右矢印 (先週6位、最高位6位)
Selena Gomez(セレーナ・ゴメス) feat. A$AP Rocky(エイサップ・ロッキー) – Good For You
変わらずで自己最高位更新はおあずけ。
『私は14カラット(14金)』という歌い出しで始まるこの曲、触れるものすべてを黄金に変える能力をもっているものの、それで娘を死なしてしまったという古代ギリシャ神話のミダス王の逸話が取り入れられており、ヴァース1は私が触れると(尽くすと)あなたは私から離れられなくなる(ダメになってしまう)という内容の歌詞になっています。


7位右上矢印 (先週8位、最高位7位)
Fetty Wap(フェティ・ワップ) feat. Remy Boyz(レミー・ボーイズ) – 679
ワンランクアップで最高位更新。
フック部分で “I got this soda”(コカインをやった)と聴こえる部分がありますが、本人曰く『”soda” じゃなく “sewed up”(独占する、支配するの意味)と言っている』そうです。

8位アップ (先週16位、最高位8位)
R. City(ロック・シティ) feat. Adam Levine(アダム・レヴィーン) – Locked Away
ロック・シティは初、マルーン5のアダム・レヴィーンは2曲目となるトップ10。
ロック・シティはマイリー・サイラスの “We Can’t Stop” などを手がけてきた兄弟二人組のソングライター兼プロデューサー。彼らの父親が刑務所に入れられて家族が離れ離れになってしまったという実話がベースになっている曲で、父親の立場で『俺がもし閉じ込められても 正直に言ってくれ 今までのように愛してくれるかい?』と歌われています。


9位右矢印 (先週9位、最高位2位)
Fetty Wap(フェティ・ワップ) – Trap Queen
変わらずでこれでトップ10は25週目。
これはビルボード史上11曲目となる記録で、1位になれなかった曲としてはワンリパブリックの “Counting Stars” 以来となっています。


10位右下矢印 (先週7位、最高位6位)
Rachel Platten(レイチェル・プラッテン) – Fight Song
3ランクダウン。
再生回数は4000万回とヒットの割には若干少なめなこの曲のビデオ、恐怖と苦痛という二つの側面を描きつつ、時にはそれらと闘って克服していかなければならないということを表現したかったそうです。

以上、最新のチャートでした。

(関連記事、コメント欄はこの下)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. はろ より:

    ウィークエンドのパフォーマンス良かったです!絶対に火の演出はあるとにらんでました。マックルモア&ライアン・ルイスも良かった。ウェストサイドストーリーが頭に浮かびました。

    • ウィークエンド、やっぱりですよね。
      マックルモア&ライアン・ルイスの “Downtown” はトップ10は難しいかもしれませんが、来週はジャンプアップするようです。(今週は初登場で94位)