【解説】Informer / スノー

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

1993年の今日(3月13日)、1位を獲得した Snow(スノー) の “Informer” について解説しました。

19歳の時に殺人容疑で逮捕され、無罪になるまで18か月間投獄されたスノー自身の経験をもとに書かれた、レゲエとラップの融合曲。

タイトルは「密告者」とか「タレこみ屋」という意味。

タレこみ屋、お前は俺がやったって言ったみたいだな
わけ分かんねえ
サツは完全に俺が刺したって言ってるぞ
わけ分かんねえ

サツがドアをぶち破ってきて 一人は窓から入ってきやがった
パトカーの後ろに押し込まれて署(ステーション)まで連行
それから行先(デスティネーション)に到着
そこから拘置所(ディテンション)に送られた
そこではパンツを下げられ ケツを調べられた

と、実際に起きたことが生々しくラップされています。

ちなみに、タレこんだとされる人物は、クレジットはされていないもののスノーと共演している M.C. シャン。

【リンク】
当時(1993/03/13)のチャート
スノーのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ヒット好き より:

    確かこの曲がレゲエの1位の曲の中で
    最も長い1位でしたよね。
    この曲昔から好きなんですが、この曲ヒップホップにしか
    聞こえないのですが…
    どこらへんがレゲエなのでしょうか?

    • ラップを乗せるためテンポが速くなっているので、スローでのんびりしたレゲエ独特の雰囲気はかなり薄まっていますが、やはりサウンド的にはフュージョンっぽいレゲエだと思います。