ビルボード Hot 100(2016/05/07付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2016/05/07付 ビルボード Hot 100 トップ10解説



1位右上矢印 (先週2位、最高位1位)
Desiigner(デザイナー) – Panda
42週ぶりとなるアメリカ人による1位。
ビデオがリリースされていない(制作中)にも関わらずチャートポイントの大半(43%)をストリーミングで稼いで1位を獲得。1997年生まれの若干18歳、ニューヨーク出身のデザイナーによって、OMI(オーミ)の “Cheerleader” から続いていた非アメリカ人による連続1位記録に終止符が打たれています。また、10代の1位獲得はロード(16歳11ヶ月)の “Royals” 以来、ルーキー・ラッパーによる1位獲得はイギー・アゼリアの “Fancy” 以来だそうです。 


2位右上矢印 (先週3位、最高位2位)
Lukas Graham(ルーカス・グラハム) – 7 Years
ワンランクアップで最高位復帰。
本国では5曲のトップ5ヒットを持つデンマークの4人組ソウル・ポップバンドのルーカス・グラハム、この曲での全米1位獲得に望みをつないでいます。

hqdefault
3位アップ (先週13位、最高位3位)
Drake(ドレイク) feat. WizKid(ウィズキッド) & Kyla(カイラ) – One Dance
ドレイクは17曲目となるトップ10。
ナイジェリア出身のウィズ・キッドとカイラは共に初のトップ10。『ヘネシー(フランス産のコニャック、ヒップホップカルチャーの重要アイテム)片手にもう一度ダンスを踊って欲しい』というダンスホール・ミュージック。


4位右下矢印 (先週1位、最高位1位)
Rihanna(リアーナ) feat. Drake(ドレイク) – Work
3ランクダウンで10週目の1位ならず。
ドレイクをフィーチャーしたこの曲、『もし君に双子の姉妹がいたとしても俺は君を選ぶ』という歌詞を書いただけでも彼を起用した価値はあったと評価する声もあるようです。
【解説・和訳】Work / リアーナ feat. ドレイク


5位右上矢印 (先週6位、最高位5位)
Mike Posner(マイク・ポスナー) – I Took A Pill In Ibiza
ワンランクアップでトップ5入り。
この曲が売れていてもまだほとんど顔は知られていないというマイク・ポスナー。『地元デトロイトを歩いていても声をかけられるのは1日に1~2度。おかげで普通の生活が送れていることに感謝している』そうです。


6位右上矢印 (先週7位、最高位6位)
Fifth Harmony(フィフス・ハーモニー) feat. Ty Dolla $ign(タイ・ダラー・サイン) – Work From Home
「仕事なんて休んで私と家でいいことしよう」というこの曲、リアーナの “Work” とタイトルもコンセプトも被ってしまいましたが、楽曲的にはダンスホール・ミュージックに対してこちらはチルド・アウト風(落ち着いた感じ)。フック部分も盛り上がるというよりクールダウンする感じになっています。


7位右下矢印 (先週4位、最高位3位)
Meghan Trainor(メーガン・トレイナー) – No
3ランクダウンでトップ5から陥落。
アカペラ・グループ、ペンタトニックスにカヴァーされたこの曲、メーガンは『全身に鳥肌が立った。今までで一番クール。夢が叶った』とツイートしています。


8位右下矢印 (先週5位、最高位1位)
ZAYN(ゼイン) – PILLOWTALK
こちらも3ランクダウン。
タイトルはヴァース2の最初に1度だけ、言葉の対比を多用、そしてセックスを1D時代の制約からの解放のメタファにするなど、ゼインのソングライターとしての才能が感じらる曲。
【解説・和訳】PILLOWTALK / ZAYN(ゼイン)


9位右下矢印 (先週8位、最高位1位)
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – Love Yourself
ワンランクダウン。
トップ10デビューの曲としての最長記録更新となる23週目のトップ10。ビルボードでの順位をスコア化して算出したオールタイム・チャートでは、カーリー・レイ・ジェプセンの “Call Me Maybe” と並び28位まで上昇しています。
【解説・和訳】Love Yourself / ジャスティン・ビーバー
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – ヒット曲ベスト20


10位右矢印 (先週10位、最高位7位)
G-Eazy(G・イージー) × BeBe Rexha(ベベ・レクサ) – Me, Myself & I
今週も変わらず。
最高位が7位以下の曲としてはこれで史上最長となる12週目のトップ10となっています。

以上、最新のチャートでした。

(関連記事、コメント欄はこの下)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加