ビルボード Hot 100(2015/05/30付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2015/05/30付 ビルボード Hot 100 トップ10解説



1位右矢印 (先週1位、最高位1位)
Wiz Khalifa(ウィズ・カリファ) feat. Charlie Puth – See You Again
独走(2位とは大差)で6週目の1位。
来週は、日曜日に開催されたBillboard Music Awardsでのパフォーマンス効果も加わる予定で、7週目の1位も確実視されています。また、ウィズ・カリファのヒット曲ランキングでは “Black And Yellow”(2011年、最高位1位)を抜いて2位に上昇しています。
Wiz Khalifa(ウィズ・カリファ) – ヒット曲ベスト10(更新)


2位右矢印 (先週2位、最高位2位)
Fetty Wap(フェティ・ワップ) – Trap Queen
3週目の2位。
ラッパーのフェティが初めて歌った曲。彼は『みんながラップするから違うことがしたかった。歌手になりたいわけじゃない』と語っています。


3位右矢印 (先週3位、最高位3位)
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) – Earned It (Fifty Shades Of Grey)
今週も最高位をキープ。
映画 “Fifty Shades Of Grey” の未公開エンディングシーンが収められたBlu-rayが発売された影響もあってチャートポイントは上昇、2位との差は縮まっているようです。


4位右上矢印 (先週5位、最高位4位)
WALK THE MOON(ウォーク・ザ・ムーン) – Shut Up And Dance
ワンランクアップで最高位更新。
上昇の要因は人気音楽オーディション番組 “The Voice” でのパフォーマンス効果。


5位右下矢印 (先週4位、最高位1位)
Mark Ronson(マーク・ロンソン) feat. Bruno Mars – Uptown Funk!
今週もワンランクダウン。
トップ10は25週目で、これはビルボード史上10曲目。ワンリパブリックの “Counting Stars”、メーガン・トレーナーの “All About That Bass” などと並び5位タイの記録となっています。
【記録】ブルーノ・マーズ – ヒット曲ベスト10


6位右上矢印 (先週8位、最高位6位)
Jason Derulo(ジェイソン・デルーロ) – Want You Want Me
2ランクアップで最高位更新。
ジェイソンは米人気ダンス・リアリティ番組 “Dancing With The Stars” でこの曲をパフォーマンス、来週は更なる上昇が期待できるようです。


7位右下矢印 (先週6位、最高位2位)
Maroon 5(マルーン5) – Sugar
ワンランクダウン。
「問題」のビデオの再生回数は軽く4億回を超え、この曲の18週目となるトップ10滞在に少なからず貢献しています。
【記録】マルーン5 – ヒット曲ベスト10


8位右下矢印 (先週7位、最高位3位)
Ellie Goulding(エリー・ゴールディング) – Love Me Like You Do
映画 “Fifty Shades Of Grey” のDVDとBlu-rayの発売による後押しあったもののワンランクダウン。エリーは自己最長となる15週目のトップ10となっています。


9位アップ (先週11位、最高位9位)
T-Wayne(T-ウェイン) – Nasty Freestyle
トップ10復帰。
パロディ・ビデオが増殖している要因はこの曲の歌詞にもあるようで、『俺はこのクソ(※ラップのこと)のキング。トイレの栄冠に輝く』みたいな言葉遊びがウケているようです。


10位右下矢印 (先週9位、最高位2位)
Ed Sheeran(エド・シーラン) – Thinking Out Loud
ワンランクダウンも今週もトップ10をキープしてこれで23週目。
オールタイム・チャートではケシャの “Tik Tok” などと並び56位まで上昇してきています。

なお、注目されていたテイラー・スウィフト feat. ケンドリック・ラマーの “Bad Blood” はビデオが公開されて54位に再エントリーしてきています。

以上、最新チャートのトップ10でした。

(関連記事、コメント欄はこの下)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. はろ より:

    こんばんは。早速ブックマークしました。また色々と洋楽のことを教えていただけると思います。よろしくお願いします。