【解説・和訳】Smooth / Santana(サンタナ)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1999年の今日(10月23日)、1位を獲得した Santana(サンタナ) feat. Rob Thomas(ロブ・トーマス)の “Smooth” を解説・和訳しました。

12週連続で1位を記録し、2000年のグラミー賞では最優秀楽曲賞(Song of the Year)を含む3冠を獲得したこの曲は、matchbox twenty(マッチボックス・トゥエンティー)のロブ・トーマスが書いたものですが、ボーカルはもともと George Michael(ジョージ・マイケル)の予定だったそうです。

サンタナのために書かれた曲ではありますが、歌詞としては当時結婚したばかりの自分の妻(プエルトリコ人)に向けた内容になっています。

【リンク】
当時(1999/10/23)のチャート
サンタナのヒット曲

Santana feat. Rob Thomas
   - Smooth –

[Verse 1]
おい、すごくホットだぜ
真昼の太陽のすぐ近くにいるみたいだ
きみのささやき声はみんなを溶かしてしまうっていうけど
なんでそんなにクールなんだ
俺の小さなお人形さん、スパニッシュ・ハーレム(※1) のモナ・リザ
(※1ニューヨークのハーレムに属する最大のラテン系住人地区)
(エルトン・ジョンの”Mona Lisas and Mad Hatters”にも出てくるフレーズ)
きみは俺の生き甲斐さ
俺のノリに入って来いよ、今すぐ

[Pre-Hook]
もしこんな人生じゃ不十分って言うんなら
俺の世界を味わわせて満足させてやる
きみの気分に合うように俺の人生は変えられるのさ
だっておまえには魅力があるから

[Hook]
月夜の海みたいだ
それはきみから得られる感情と同じ
スムースな愛を手に入れられるのさ
だからきみのハートをくれよ、本気で
でなきゃ、忘れてくれ

[Verse 2]
ひとつだけ言わせてくれ
きみがいなくなるのはすごく残念なんだ
息をするたび、一言話すたびに
きみの名前が聞こえてきて俺を呼ぶんだ
バリオ(※2)から出ても俺のリズムはラジオから聞こえるだろ
(※2ヒスパニック居住区、barrioとradioで韻を踏んでいる)
世界がソフトにゆっくり変わっていくのがわかるだろ
きみをぐるぐる回しているのさ

[Pre-Hook]
[Hook]

[Bridge]
(サンタナのギターの聴き所)

[Hook]

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加