【解説】I Wanna Dance With Somebody / ホイットニー・ヒューストン

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1987年の今日(6月27日)、Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)の “I Wanna Dance With Somebody (Who Loves Me)” が1位を獲得しています。

ディスコで踊りたいのではなく「人生というダンス」を誰かと踊ってみたいという曲で、ソングライターはホイットニーの2曲目のNo.1ソング、”How Will I Know” と同じジョージ・メリル&シャノン・ルビカム。

もともとはカントリー風だったものをダンスポップにアレンジした曲だそうですが、ベースになっているシンセサイザーはシンディ・ローパーの “Girls Just Want To Have Fun” 風になっています。

へらへらした感じで騒々しいサウンドという批評もある一方で、グラミーでは最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞を獲得、当時の彼女の最大のヒットとなっています。

誰かと踊りたいの
誰かと熱いものを感じたいの
そう 誰かと踊りたいのよ
私を愛してくれる誰かと

というフック(サビ)の部分は、冒頭でも紹介したように「人生というダンス」を踊りたいということのようです。

ちなみに、最近のトップ10ヒット、ナタリー・ラ・ローズ feat. ジェレマイの “Somebody” はこの曲をアレンジしたものです。

【リンク】
当時(1987/06/27)のチャート
ホイットニー・ヒューストンのヒット曲

IWannaDanceWithSomebody

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. はろ より:

    明るい曲で好きですが切なくなるのは、彼女の最期を考えてしまうから…。