【解説】We Belong Together / マライア・キャリー

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2005年の今日(6月4日)、1位を獲得した Mariah Carey(マライア・キャリー)の “We Belong Together” について解説しました。

別れて初めて気づいた元カレへの想いを歌った破局ソングで、マライアが低迷期から完全復活を遂げたR&Bバラード。

米国内では2000年代に最も売れたこの曲は、ラジオでも1日および1週間のオンエア回数で新記録を達成(後にロビン・シックの “Blurred Lines” が更新)、グラミーではベストR&Bソング、ベスト女性R&Bヴォーカル・パフォーマンスの2冠を獲得、この年の年間ナンバーワンになっています。

楽曲的にはシンプルなピアノとバックビート(4/4拍子の曲で2拍目と4拍目にアクセントを置くスタイル・テクニック)が特徴的ですが、それにも増して

あなたの愛を失うなんて考えられなかったし
独りでここにいるなんて絶対に想像できなかった
あなたの事がわかっていなかったし
私自身のことすらわかっていなかったの
でも 今まで決して感じることのなかったこの気持ちを
全部わかっていると思ってた

と、ラップするように歌うマライアのヴォーカル・スタイルが斬新で、首尾一貫して彼女をディスっている評論家でさえ『聴くに値する』とコメントするのが精一杯だったようです。

また、ヴァース2では

あなたのことが頭から離れなくて眠れない
ボビー・ウーマックがラジオで私に歌ってくるの
「もし君が今さみしいなら」って
ちょっと待って こんなのディープすぎるわ
チャンネルを変えなきゃ
そしたら今度はベイビーフェイスが聴こえてくるの
「僕は君の事だけ考えてる」って
打ちのめされちゃったわ

と、ボビー・ウーマックの “If You Think You’re Lonely Now” とベイビーフェイスが書いたザ・ディールの “Two Occasions” の歌詞がサンプリングされており、そのためマライアとジャーメイン・デュプリの他にこの2曲のソングライターの名前がクレジットされています。

そして最後のフックでは

あなたが去って
私は自分の一部を失ったの
今でも信じられない
お願いだから戻ってきて
だって私たちは一緒になるべきだから
辛い時 他に誰に寄り添えばいいの
他に誰が夜明けまで電話で話してくれるの
誰があなたの代わりになってくれるの
誰もいやしない
私たちは一緒なのよ

と1オクターブ高く歌われており、彼女のヴォーカリストとしての素晴らしさを再認識させられる「聴き場」となっています。

【リンク】
当時(2005/06/04)のチャート
マライア・キャリーのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    この曲でのマライアの高音ボイスは控えめだからいいんですよね。静かすぎず、うるさすぎないのも。最近はあまり聞いていませんでしたが、やはりいい曲だと思います。