【解説】Thank God I Found You / マライア・キャリー

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2000年の今日(2月19日)、1位を獲得した Mariah Carey(マライア・キャリー) with Joe & 98 Degrees の “Thank God I Found You” について解説しました。

マライアが当時付き合っていた、グラミーも受賞しているメキシコ人歌手、ルイス・ミゲルと出会えたことへの感謝を歌ったR&Bパワー・バラード。

あなたと出会えたことを神に感謝します
あなたに出会う前は 自分を見失っていたの
全ての望みと夢が 現実になったわ
あなたが光をもたらしてくれて
私の人生が完成したの
これ以上ないくらい
あなたに出会えて 本当に感謝してるの

というサビを含め、この曲を書いたのはマライア自身と、ジャネット・ジャクソンの9曲のNo.1ヒットのソングライターでもあるジミー・ジャム&テリー・ルイス。

ちなみに、このコラボが実現したのは、マライアがソニー・ミュージックのCEOだったトミー・モトーラ氏と離婚したことにより、ソニー関連以外の人たちとも自由に仕事ができるようになったからのようです。

また、アップルとソニーは敵対していた(いる?)ため、レーベル移籍前のマライアの楽曲は当初 iTunes には提供されていませんでした。

【リンク】
当時(2000/02/19)のチャート
マライア・キャリーのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加