ビルボード Hot 100(2017/01/21付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2017/01/21付 ビルボード Hot 100 トップ10解説



1位右上矢印 (先週2位、最高位1位)
Migos(ミーゴス) feat. Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート) – Bad And Boujee
ミーゴス、リル・ウージー・ヴァート共に初の1位獲得。
“Raindrop, drop top” というフレーズがウケているこの曲、これは車のドロップトップ(開閉式の屋根)に雨粒が落ちてきたという意味ですが、続く “Smoking on cookie in the hotbox” は、服用効果を高めるためにマリワナ(cookie)を車の中(hotbox)で吸っていたという意味。SNS上ではこの「上の句」を固定して「下の句」だけ自由に変えたものがネタとして拡散されているようで、このことがヒットの要因と言われています。


2位右下矢印 (先週1位、最高位1位)
Rae Sremmurd (レイ・シュリマー) feat. Gucci Mane(グッチ・メイン) – Black Beatles
再び1位から陥落もトップ10はこれで10週目。
ビートルズにちなんだフレーズが数多く散りばめられているこの曲、ヴァース3では『彼女は男をじらす女』という歌詞で始まりますが、この部分を歌っているスリム・ジミーはこれが “Day Tripper” の冒頭の歌詞であることを認めています。
【解説・和訳】 Black Beatles / Rae Sremmurd(レイ・シュリマー)


3位右上矢印 (先週4位、最高位1位)
The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ) feat. Halsey(ホールジー) – Closer
再上昇でトップ3復帰。
子宮内膜症で手術を受けるというホールジーの貢献度も大きいこのこの曲、トップ10滞在は前作の “Don’t Let Me Down” と並ぶ23週となり、順位をスコア化したオールタイム・ランキングではトニー・ブラクストンの “Un-Break My Heart” とマライア・キャリーの “We Belong Together” を抜いて4位まで上昇しています。
【解説・和訳】Closer / The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)


4位右下矢印 (先週3位、最高位1位)
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) feat. Daft Punk(ダフト・パンク) – Starboy
ワンランクダウンでトップ3から陥落。
ダフト・パンクにとっては惜しくも1位を獲得できなかった “Get Lucky” と並び自己最長となる15週のトップ10となっています。
【解説・和訳】 Starboy / The Weeknd(ザ・ウィークエンド)


5位右矢印 (先週5位、最高位4位)
Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) – 24K Magic
セールスでは1位を獲得も5位変わらず。
売り上げを気にしていたようで、Twitterで “24K Magic” を買ったかどうか聞いていたブルーノ・マーズ、ただハリウッドの有名な看板を “BUY 24K MAGIC” と変えたのは本人ではないそうです。
Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) – ヒット曲ベスト10


6位右上矢印 (先週7位、最高位4位)
Ariana Grande(アリアナ・グランデ) feat. Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ) – Side To Side
再上昇でワンランクアップ。
YouTubeでの再生回数が6億5千万回に達したこの曲、”Super Bass” と “Anaconda” を一気に抜き、ニッキー・ミナージュにとっては “Hey Mama”、”Bang Bang”、”Beauty And A Beat” に次いで4番目に多く見られている曲となっています。


7位アップ (先週11位、最高位7位)
Maroon 5(マルーン5) feat. Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー) – Don’t Wanna Know
トップ10再々登場で最高位復帰。
ラジオでは1億4200万エアプレイ(前週比プラス9%)で今週も1位。大晦日にはラスベガスでショーを行い、この曲の他、一緒に出演したR.シティと “Locked Away” などもパフォーマンスしたようです。
Maroon 5(マルーン5) – ヒット曲ベスト10


8位右矢印 (先週8位、最高位4位)
DJ Snake(DJ・スネーク) feat. Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – Let Me Love You
8位変わらず。
今度はR.ケリーのリミックス版がリリースされたこの曲、このリミックス版ラッシュもトップ10キープの下支えになっているようです。
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – ヒット曲ベスト20


9位右矢印 (先週9位、最高位9位)
Drake (ドレイク) – Fake Love
こちらも変わらずで最高位キープ。
シングル版とは異なる音源が使われておりフェイク(偽物)感があると思っていたこの曲のビデオですが、やはり偽物だったようでYouTubeから削除されています。(オフィシャル・ビデオのリリース予定はなさそうです)
Drake(ドレイク) – ヒット曲ベスト20


10位アップ (先週12位、最高位9位)
Machine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー) X Camila Cabello(カミラ・カベロ) – Bad Things
トップ10再復帰。
ファーストボールの “Out Of My Head”(1999年、最高位20位)の歌詞を変えてやや官能的にリメイクしてあるこの曲、そのことについてファーストボールのトニー・スカルゾは自分の名前がしっかりクレジットされているためか、『まったく問題ない。スーパー・クリエイティブでいいと思う。革新的ですごいよ。』とコメントしています。

トップ10圏外ではアレッシア・カラの “Scars To Your Beautiful” が15位→12位、ゼイン&テイラー・スウィフトの “I Don’t Wanna Live Forever” が22位→14位、ビッグ・ショーンの “Bounce Back” が21位→18位などとなっています。

また、来週はエド・シーランの新曲、”Shape of You” と “Castle on the Hill” が2曲同時にトップ10入りできるか、要注目です。

以上、最新チャートのトップ10でした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Navy より:

    来週Ed Sheeranの曲が初登場1位の可能性は現時点でありますか?