【解説・和訳】 Starboy / The Weeknd(ザ・ウィークエンド)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
Starboy
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) ft. Daft Punk(ダフト・パンク)

富と名声を得た一方で付いて回る孤独と苦悩が見え隠れする曲で、ヘイター(他人の成功を嫉妬して嫌がらせする人)たちの反発心を煽るような歌詞が際立つエレクトロポップ。

ダフト・パンクによるシンセ・ドラムのビートに乗せてウィークエンドがファルセット・ヴォイスで『最悪な気分にさせてやる』と歌い出すこの曲、ヘイターたちを挑発しつつ、自らはドラッグに依存していることを包み隠さず打ち明けています。

また、”MTV Europe Music Awards” でビヨンセの “Formation”、カニエ・ウェストの “Famous” などを抑えてベスト・ビデオ賞を獲得したビデオは「パルプ・ホラー」などと揶揄されていますが、十字架で破壊しているのは自身が獲得したプラチナレコードの記念品で、過去の自分との決別を表現しているそうです。

ちなみに、ウィークエンドはこの “Starboy” というタイトルについて、デヴィッド・ボウイ(の”Starman”?)にインスパイアされたものであることを明かしています。

【リンク】
ザ・ウィークエンドのヒット曲
ダフト・パンクのヒット曲

【和訳】
[Verse 1]
最悪な気分にさせてやる
お前のチャーチ・シューズよりクリーンなP1
(※P1:高級車のP1マクラーレンとP1コカインの両方の意味)
ミリ・ポイント・ツーがお前を傷付ける
(※ミリ・ポイント・ツー:120万ドルと銃の両方の意味?)
真赤なランボ(ルギーニ)でお前をからかいに行く
このオモチャはリースじゃない(キャッシュで購入した)んだぜ
お前の1年分を俺は1週間で稼ぐ
お前には手の届かないメインの女もいるし
別の女もいる

[Pre-Hook]
家は空っぽ マスターピース(中心的存在)が必要なんだ
20ラック(※rackは1000ドルの意味)のエボニー(黒檀)テーブルで
アイボリー(※ここではコカインの意味)を細かく砕いて
彼女は顔でそれを掃除する(※鼻で吸い込む)
俺の女は最高だぜ
お前のカネの話には 補聴器が必要だぜ
俺のことを話しても まともには思えねえ
俺はスタイルを変えて どの道でも成功できる
クスリも切り替えて どんな痛みでも消してやる

[Hook]
お前のおかげで
俺はスターボーイ
お前のおかげで
俺はスターボーイ

[Verse 2]
毎日ヤツらは俺をハメようとする
毎日ヤツらは俺を終わらせようとする
ロードスターSVを乗り付けてやる
ポケットも(現金で)パンパンで重たいぜ
キングを目指して来たけど 期待外れ
俺は秋に生き返る
(※関連:2014年リリースの “King of the Fall”)
ライバルはいない
何も聞かねえ
青のミュルサンヌに乗って
ニュー・エディションを蹴散らすぜ
(※ニュー・エディションのメンバー、ボビー・ブラウンは車の中でコカインを使用していた)

[Pre-Hook]

[Hook]

[Verse 3]
ただのニガ(※黒人の蔑称)がブラッド・ピットになる(ようなもの)
「レジェンド・オブ・ザ・フォール」(に出演したブラッド・ピット)は
盗賊みたいにその年(の話題)をかっさらっていったんだ
ママには家と新しいワゴンを買ってあげた
今ではスーパーに行ってても 金持ちに見える
(ロールス・ロイスの)レイス・カーン(モデル)のルーフは
スター・トレック風
(※スター・トレックの “Wrath of Khan”(カーンの逆襲)と車の “Wraith Khan” を掛けている)
この曲を聴かせたら
女だってすぐ落ちる
100(マイル)でブッ飛ばして 神に近づくぜ
愛には祈らない
車に祈る

[Pre-Hook]

[Hook]

【ビルボード Hot 100 トップ10解説より】
2017/02/18付
再上昇でワンランクアップ。
YouTubeでの再生回数が6億回(おそらくミュージックビデオとしてはちょうど100位前後) を超えたこの曲、順位をスコア化したオールタイム・ランキングではエド・シーランの “Thinking Out Loud” など6曲と並び62位まで上昇しています。

2017/02/11付
3ランクダウンでトップ5から陥落。
ヴァース1では『メインの女もいるし、サイドの女もいる』と歌っているザ・ウィークエンド、最近の「メインの女」はセレーナ・ゴメスと噂されていますが、彼女の元カレのジャスティン・ビーバーは『彼はセレーナに利用されているだけ。彼女はこれまでもニック・ジョナスやゼッドにも同じことをしてきた。自分が新曲を出す時、誰かとデートして話題を作るんだ。』と語っています。

2017/02/04付
ワンランクダウン。
トップ10滞在17週となったこの曲、順位をスコア化したオールタイム・ランキングでは自身の “Can’t Feel My Face” を抜き、デスティニーズ・チャイルドの “Independent Women Part I” などと並んで81位まで上昇、トップ100入りしています。

2017/01/28付
変わらず4位をキープ。
シンセ・ドラムが特徴的なこの曲、このサウンドは “I Feel It Coming” をレコーディング中にギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト(ダフト・パンクの一人)の携帯電話から突然聞こえてきたものだそうで、ウィークエンドは『”I Feel It Coming” のレコーディングそっちのけで、これを(使った曲を)書き始めた。』と語っており、「ハッピー・アクシデント」により出来たものであることを明かしています。

2017/01/21付
ワンランクダウンでトップ3から陥落。
ダフト・パンクにとっては惜しくも1位を獲得できなかった “Get Lucky” と並び自己最長となる15週のトップ10となっています。

2017/01/14付
1週で1位から陥落。
大晦日はラスベガスのナイトクラブでこの曲を含め10曲をパフォーマンスしたウィークエンド、VIP席にはジャーメイン・デュプリ、ホールジー、バスケ選手のケビン・デュラント(後者二人は一緒)などの姿もあったそうです。

2017/01/07付
ウィークエンドは3曲目、ダフト・パンクは初となる1位獲得。
ストリーミングとラジオはダウンながら、このタイミングでの値下げでセールスが49%アップ。これが決定打となってジャスティン・ビーバーの “Sorry” 以来、8週2位(非連続)の末にようやくトップに立ったこの曲、ダフト・パンクにとってはHOT100デビュー19年目での待望のナンバーワンですが、ソングライターとしては “Harder, Better, Faster, Stronger” がサンプリングされているカニエ・ウェストの “Stronger” で2007年に1位を獲得しています。

2016/12/31付
最高位2位の曲としてはHOT100史上10曲目となる8週目の2位。
プリ・フックに出てくる『2万ドルのエボニー(黒檀)テーブルでアイボリー(ここではコカインの意味)を砕いて』というフレーズが、黒人と白人をピアノの黒鍵(エボニー)と白鍵(アイボリー)に見立てて人類の調和を説いたポール・マッカートニーの “Ebony And Ivory” を想起させるこの曲、”Black Beatles” と同様、ポール・マッカートニーと関連していると言えるかもしれません。

2016/12/24付
これで7週目の2位(非連続)。
トレードマークだったドレッドロック(髪型)を切り落としたことでも注目を集めたウィークエンド、この曲では『俺はスタイルを変えて どの道でも成功できる』と歌われています。

2016/12/17付
アルバムのリリース効果で最高位復帰。
先週はヴィクトリアズ・シークレットのファッション・ショーで元カノのベラ・ハディットと共演、そして世界最大の音楽ストリーミングサービス「スポティファイ」では24時間で最も多くストリーミングされたアーティストとなるなど話題に事欠かないザ・ウィークエンド、ニューアルバム “Starboy” はアルバムチャートで初登場1位、そしてこの曲を筆頭に収録されている全18曲がHOT100入りを果たしています。

2016/12/10付
変わらずトップ3をキープ。
シングルの値下げ終了でセールスが落ちたものの来週はアルバムのリリース効果が期待できるこの曲、歌詞にはたくさんの高級車が登場しますが、最後は『100(マイル)でブッ飛ばして 神に近づくぜ 愛には祈らない 車に祈る』というフレーズで締めくくられています。

2016/12/03付
値下げでセールスの伸び率が1位でトップ3をキープ。
AMAでは “Artist Of The Year”、”Favorite Male Artist (Pop/Rock)”、”Favorite Male Artist (Soul/R&B)” にノミネートされていたザ・ウィークエンド、受賞は逃したもののスーパーマンの秘密基地「孤独の要塞」の中で行ったこの曲のパフォーマンスは好評だったようです。

2016/11/26付
一歩後退で1位獲得ならず。
この曲が収録されている同名のアルバム “Starboy” のタイトルについて、ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューでデヴィッド・ボウイにインスパイアされたものであることを明かしたウィークエンド、『彼は究極の発明家だと思う』とも語っています。

2016/11/19付
1位との差は大きく詰めたものの変わらず2位。
日曜日にオランダで開催されたMTV Europe Music Awards(以下、EMA)ではこの曲をパフォーマンスしたウィークエンド、フック部分は放送禁止用語が入っているため “I’m a motherfucking (I’m a) Starboy” と変えて歌われていましたが、ビルボードは最もエキサイティングな曲で最もエキサイティングなパフォーマンスだったと絶賛しています。また、この曲のビデオがビヨンセの “Formation”、カニエ・ウェストの “Famous” などを抑えてベスト・ビデオ賞を獲得しています。

2016/11/12付
1位との差は詰まらず4週目の2位。
ダフト・パンクによるものと思われるシンセ・ドラムのビートに乗せてウィークエンドがファルセット・ヴォイスで『お前を最悪な気分にさせてやる』と歌い出すこの曲、自慢のオンパレードで挑発的な歌詞はもはやヒップホップやラップの専売特許ではなくなったと言えるかもしれません。

2016/11/05付
1位との差を若干詰めて2位変わらず。
早くもYouTubeでの再生回数が1億回を突破したこの曲のビデオ、評論家からは「パルプ・ホラー」にインスパイアされたのでは?などと揶揄されていますが、十字架で破壊しているのは自身が獲得したプラチナレコードの記念品で、過去の自分との決別を表現しているそうです。

2016/10/29付
1位との差を詰められず今週も2位。
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの離婚が発表された数日後にリリースされたこの曲、突然セレブになった「スターボーイ」のことをヴァース3では『ただのニガ(※黒人の蔑称)がブラッド・ピットになる(ようなもの)、「レジェンド・オブ・ザ・フォール」(に出演したブラッド・ピット)は盗賊みたいにその年(の話題)をかっさらっていったんだ』と歌われています。

2016/10/22付
ワンランクアップ。
先々週の米人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」で新しいヘアスタイルとこの曲をTV初披露した効果もあってチャートポイントは続伸、まだ差はあるものの次の1位候補の筆頭となっています。

2016/10/15付
ウィークエンドは5曲目、ダフト・パンクは2曲目のトップ10。
“Starboy” とは自分をクールで特別な存在に見せかけようとする人という意味のスラングだそうですが、ここでは普通にセレブという意味で使われており、ウィークエンド自身が鼻持ちならない主人公となって彼らの浪費や価値観について問題提起している曲と解釈されているようです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. はろ より:

    訳って本当に色んな言葉知らないとだめですね。日本だとドラッグとか差別用語まじえた歌作れないだろうけど。

    • 私もいろいろ知っているわけではありませんが、英英辞書で調べたり、本人のインタビュー記事などを参考にしたりしています。
      日本だとエロも厳しいですよね。