【解説・和訳】 Blinding Lights / ザ・ウィークエンド

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

The Weeknd(ザ・ウィークエンド)の “Blinding Lights” を解説・和訳しました。

自分の人生を明るく照らしてくれた元恋人への未練を歌っている曲で、疾走感漂う80年代風のサウンドが印象的なアップテンポのエレクトロ・ポップ。

ソングライターはザ・ウィークエンド本人とプロデュースも務めているマックス・マーチンら5名。

メルセデスベンツとのコラボ(新車のCMで曲を採用、曲のビデオで新車を使用、新車の発表と曲のリリースが同時)という形になっているこの曲は、アーハの “Take On Me”(1985年、最高位1位)に似た疾走感を漂わせて13週連続上昇でチャートを駆け抜け1位を獲得、ザ・ウィークエンドにとっては5曲目のナンバーワン・ヒットとなっています。

ゴーストタウン化したラスベガスが(ベラ・ハディッドとの破局が原因と思われる)傷心と虚無感のメタファーになっていると思われるビデオでは、ザ・ウィークエンドがバットマンの敵対者「ジョーカー」を彷彿とさせるヒールを演じ、人間の内面に隠された狂気が表現されています。

【和訳】
[Verse 1]
I’ve been tryna call
I’ve been on my own for long enough
Maybe you can show me how to love, maybe
I’m going through withdrawals
You don’t even have to do too much
You can turn me on with just a touch, baby

ずっと電話しようとしてる
十分に長く独りで過ごしてきた
多分 君が僕に愛し方を教えてくれる、多分
クスリも抜いてるところなんだ
何もしてくれなくていいんだ
君に触れられるだけで僕は覚醒するから

[Pre-Hook]
I look around and
Sin City’s cold and empty (Oh)
No one’s around to judge me (Oh)
I can’t see clearly when you’re gone

周りを見渡すと
シン・シティ(※)は冷たくて空虚
(罪の街:ラスベガスのニックネーム)
誰も俺を裁けない
君がいないと俺の目はかすんでしまう

[Hook]
I said, ooh, I’m blinded by the lights
No, I can’t sleep until I feel your touch
I said, ooh, I’m drowning in the night
Oh, when I’m like this, you’re the one I trust
Hey, hey, hey

言っただろ、光で目がくらむって
君の温もりがないと眠れないんだ
言っただろ、夜の闇に溺れてるって
俺がこんなだと、頼れるのは君だけなんだ

[Verse 2]
I’m running out of time
‘Cause I can see the sun light up the sky
So I hit the road in overdrive, baby, oh

僕には時間がないんだ
もう太陽が空をライトアップしている
だから猛スピードで車を走らせる

[Pre-Hook]

[Hook]

[Bridge]
I’m just walking by to let you know (Back to let you know)
I could never say it on the phone (Say it on the phone)
Will never let you go this time (Ooh)

君に伝えるために歩を進めているんだ(君に伝えるために)
電話では言えないことだから(電話では)
今度は決して君を離さない

[Hook]

[Outro]
I said, ooh, I’m blinded by the lights
No, I can’t sleep until I feel your touch

言っただろ、光で目がくらむって
君の温もりがないと眠れないんだ


【ビルボード Hot 100 トップ10解説より】
2021/03/27付
同じく2ランクアップ。
トップ10滞在は記録更新となる54週目。52週(1年)を超えた際に大きなニュースになっていますが、ザ・ウィークエンドはそのことについて「ファン(の応援)による結果だ。」とコメントしています。

2021/03/20付
5ランクダウンでトップ3、トップ5から陥落。
1年前(2020/03/21付)は4位で1年超トップ10に滞在しているこの曲、昨年の年間チャートではダントツ1位でしたが、今年度のチャートポイントの合計(=現時点での2021年の年間チャート)でも今のところ3位だと思われ、最終的にトップ40に入れるレベルになっています。

2021/03/13付
2ランクアップでトップ3復帰。
ただしチャートポイントは先週比約6%減。これでトップ10滞在は前人未到の52週(1年)。また、トップ3滞在は21週となり、マーク・ロンソン ft. ブルーノ・マーズの “Uptown Funk!”(2015年、最高位1位)、ザ・チェインスモーカーズ ft. ホールジーの “Closer”(2016年、最高位1位)と並んで歴代1位となっています。

2021/03/06付
ワンランクダウンながら今週もトップ5はキープ。
自分の歌い方の基礎はエチオピアの音楽だが歌い続ける中で声はカメレオンのように変化してアルバムごとに違う歌い方をするようになったと語っているザ・ウィークエンドのこの曲、トップ10滞在、トップ5滞在ともに不滅の大記録を更新しています。

2021/02/27付
ワンランクダウンで7回目のトップ3陥落。
ちょうど1年前(2020/02/29付)に初めてトップ10入りしたこの曲、これでトップ10滞在は前人未踏の50週、トップ5滞在も41週と記録を伸ばしています。

2021/02/20付
3位変わらず。
昨日(2/16)が31歳の誕生日だったザ・ウィークエンドは1位復帰ならず。スーパーボウルのハーフタイムショーでのパフォーマンス効果でチャートポイントは先週比約40%アップながら1位、2位とは僅差の3位。なお、トップ3滞在はこれでビルボード史上4曲目(3位タイ)の20週、トップ5滞在はダントツの40週となっています。

2021/02/13付
変わらずトップ3をキープ。
トップ3滞在はビルボード史上8曲目(4位タイ)となる19週。日曜日に開催されたスーパーボウルのハーフタイムショーでは圧巻のパフォーマンスを披露したザ・ウィークエンド。最後にパフォーマンスされたこの曲は現時点でiTunesで1位になるなど早速その効果が出ており、来週は42週ぶりの1位となるかもしれません。(今のところ、”drivers license” とカーディ・Bの “Up” を交えた三つ巴の争い)

2021/02/06付
ワンランクアップでトップ3復帰。
これでチャートイン60週目でトップ3滞在はビルボード史上10曲目(8位タイ)となる18週。スーパーボウルのハーフタイムショーでのパフォーマンスがいよいよ日曜日(日本時間では月曜日)に迫っており、その効果での1位返り咲きが現実味を帯びてきています。

2021/01/30付
4位変わらず。
トップ5滞在は2位(チェインスモーカーズの “Closer” とエド・シーランの “Shape Of You”)に10週差をつける37週となり、トップ10滞在とともに今週も新記録を更新したこの曲、2/7開催予定のスーパーボウルのハーフタイムショーでは間違いなくパフォーマンスされると見られており、2/20付のチャートではその効果で1位に返り咲くのではという予想も出てきています。

2021/01/23付
同じくワンランクダウンでトップ3から6度目の陥落。
新曲のビデオ(とインスタでも)公開された整形後とされる顔でファンを本気で驚かせたザ・ウィークエンド。後に特殊メイクであることが判明しており、今週もトップ10、トップ5ともに滞在週の新記録を更新したこの曲のビデオや顔面包帯姿で出席したAmerican Music Awardsは新曲をバズらせるための手の込んだ「仕込み&前振り」だったようです。

2021/01/16付
変わらず3位をキープ。
予定通りに開催ならば約4週間後(2/7)に迫ったスーパーボウルのハーフタイムショーで間違いなくパフォーマンスされるであろうこの曲、トップ3滞在はビルボード史上17曲目の17週目で、トップ10とトップ5はそれぞれ44週、35週となってどちらも新記録を更新しています。

2021/01/09付
チャート再登場で2度目のトップ10復帰。
一旦100位圏外に落ちていたものの各種メディアによる2020年の振り返り特集などの影響もあってビルボード史上最高位でのリエントリーとなったこの曲、これでトップ10とトップ5の滞在は43週と34週となりどちらも新記録更新。また、トップ3滞在はビルボード史上26曲目となる16週となっています。

2020/12/19付
4ランクアップで1週でトップ10復帰。
トップ10滞在は新記録更新の42週目。リリース1周年を記念してスペインの「フラメンコ・プリンセス」と言われているロザリアをフィーチャーしたリミックス版が公開されたこの曲、2020年の年間チャートではポスト・マローンの “Circles”、ロディ・リッチの “The Box” を抑えて1位を獲得しています。

2020/12/05付
2ランクダウン。
これでビルボード史上10曲目となるトップ10内すべての順位に滞在。この曲がHot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートで1位、トップ10滞在は全人未踏の41週、トップ5滞在もダントツ1位の33週を記録し、今年どころか歴史的なヒットとなったにも関わらず、またペアレント・アルバムの “After Hours” も大ヒットしたにも関わらず、グラミーではノミネートすらされなかったザ・ウィークエンド。その不満を隠すことなく、「グラミーは腐敗している」、「透明性を示すべき」などとツイートしており、物議をかもしています。

2020/11/28付
2ランクダウンで2度目のトップ5陥落。
これでトップ10滞在は前人未到の40週。AMAsでは最優秀ソング(POP/ROCK)と最優秀ミュージック・ビデオにノミネートされていたこの曲、パフォーマンスもされず、受賞も逃しています。(ちなみに、ザ・ウィークエンドは “In Your Eyes” と “Save Your Tears” をパフォーマンスし、”After Hours” で最優秀アルバム(SOUL/R&B)を、”Heartless” で最優秀ソング(SOUL/R&B)を受賞しています。)

2020/11/21付
ワンランクダウンながら今週もトップ5をキープ。
来年のスーパーボウルでハーフタイムショーを務めることが決まっているザ・ウィークエンドのこの曲、トップ5滞在は新記録更新で33週、そしてトップ10滞在はついにポスト・マローンの “Circles”(2019年、最高位1位)と並んで歴代1位タイの39週となっています。

2020/11/14付
こちらもワンランクアップ。
トップ10内では9位を除く全ての順位に滞在しているこの曲、トップ5滞在は新記録更新で32週、そしてトップ10滞在は歴代1位まであと1週に迫る38週となっています。

2020/11/07付
ワンランクダウンながら今週もトップ5はキープ。
11月22日に開催されるAmerican Music Awards(AMAs)では、最多の8部門にノミネートされたザ・ウィークエンド。この曲は最優秀ミュージック・ビデオと最優秀ソング(POP/ROCK)にノミネートされています。

2020/10/31付
4位変わらず。
トップ5滞在週は記録更新で30週に到達、トップ10は36週目(歴代1位まであと3週)となったこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではマーク・ロンソン ft. ブルーノ・マーズの “Uptown Funk!”(2015年、最高位1位)を抜いてついに1位となっています。

2020/10/24付
今週もラジオを制して2ランクアップでトップ5復帰。
トップ5は記録更新となる29週目、トップ10は35週目(単独2位)となったこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではザ・チェインスモーカーズ ft. ホールジーの “Closer”(2016年、最高位1位)と並び2位に上昇しています。

2020/10/17付
6位変わらず。
ラジオでは最長記録更新となる25週目の1位となったこの曲、トップ10滞在週はビルボード史上2曲目の34週となっています。

2020/10/10付
ワンランクアップ。
ラジオでは返り咲きで記録更新となる24週目の1位となったこの曲、トップ10滞在週はビルボード史上5曲目(2位タイ)の33週となっています。

2020/10/03付
2ランクダウンでこちらもトップ5から陥落。
今年の年間チャートでは1位となる可能性が高そうなこの曲、トップ10滞在週のランキングではリアン・ライムスの “How Do I Live”(1998年、最高位2位)、ザ・チェインスモーカーズ ft. ホールジーの “Closer”(2016年、最高位1位)、トラヴィス・スコットの “SICKO MODE”(2018年、最高位1位)と並び5位タイの32週となっています。

2020/09/26付
こちらも4週連続で5位変わらず。
トップ5の滞在週はついにビルボード史上単独1位となる28週目。今年度のチャートポイントの累計ではロディ・リッチの “The Box” を上回って1位になったと思われるこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではマルーン5 ft. カーディ・Bの “Girls Like You”(2018年、最高位1位)とリル・ナズ・X ft. ビリー・レイ・サイラスの “Old Town Road”(2019年、最高位1位)を抜いて7位→5位に上昇しています。

2020/09/19付
今週もラジオを制してトップ5をキープ。
トップ5の滞在週はチェインスモーカーズ ft. ホールジーの “Closer”(2016年、最高位1位)、エド・シーランの “Shape Of You”(2017年、最高位1位)と並び1位タイとなったこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー ft. ジャスティン・ビーバーの “Despacito”(2017年、最高位1位)とサンタナ ft. ロブ・トーマスの “Smooth”(1999年、最高位1位)を抜いて9位→7位に上昇しています。

2020/09/12付
今週もラジオを制してトップ5をキープ。
今年の年間チャートでは1位もあり得そうなこの曲、トップ5はこれでビルボード史上4曲目(3位タイ)の26週、そしてHot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではブルーノ・マーズの “That’s What I Like”(2017年、最高位1位)とならび12位→9位に上昇、トップ10入りしています。

2020/09/05付
今週もラジオを制したもののワンランククダウン。
VMAsではビデオ・オブ・ザ・イヤーを受賞し、パフォーマンスもされたこの曲、トップ5はこれでビルボード史上6曲目(4位タイ)の25週、そしてHot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではホールジーの “Without Me”(2019年、最高位1位)とポスト・マローン ft. 21サヴェージの “rockstar”(2017年、最高位1位)を抜いて14位→12位に上昇しています。

2020/08/29付
今週もラジオを制したもののワンランククダウン。
トップ5はビルボード史上8曲目(6位タイ)の24週となったこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではポスト・マローン&スワエ・リーの “Sunflower”(2019年、最高位1位)など3曲を抜いて17位→14位に上昇しています。

2020/08/22付
ワンランクアップでトップ3復帰。
ラジオではグー・グー・ドールズの “Iris” を抜いて1990年に発足した同チャートの新記録となる19週1位。トップ5はこれでビルボード史上12曲目(8位タイ)の23週、そしてHot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではエド・シーラン duet with ビヨンセの “Perfect”(2017年、最高位1位)など7曲を抜いて24位→17位に上昇、トップ20入りしています。

2020/08/15付
トップ10滞在25週目にしてワンランクアップ。
ラジオのチャートではグー・グー・ドールズの “Iris” と並び最長記録となる18週1位。8/30(日)に開催されるMTV Video Music Awardsでは最優秀ビデオ賞にノミネートされたこの曲、トップ5はこれでビルボード史上14曲目(12位タイ)の22週、そしてHot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではロス・デル・リオの “Macarena (bayside boys mix)”(1996年、最高位1位)と並んで27位→24位に上昇しています。

2020/08/08付
ワンランクダウンながらトップ5はキープ。
ラジオのチャートではグー・グー・ドールズの “Iris” に次いで単独2位となる17週目の1位となったこの曲、トップ5はこれでビルボード史上17曲目(14位タイ)の21週、そしてHot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではボーイズ・II・メンの “I’ll Make Love To You”(1994年、最高位1位)と並び35位→27位に上昇しています。

2020/08/01付
今週もラジオを制して4位変わらず。
トップ5はこれでビルボード史上23曲目(17位タイ)の20週となったこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではマライア・キャリー&ボーイズ・II・メンの “One Sweet Day”(1995年、最高位1位)など12曲を抜いて47位→35位に上昇しています。また、マックス・マーティンが書いた1位獲得曲のランキングではケイティ・ペリーの “Dark Horse”(2014年)に代わってついに1位となっています。

2020/07/25付
ラジオでは15週1位ながら2ランクダウン。
トップ5はこれでビルボード史上31曲目(23位タイ)の19週となったこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではロビン・シック ft. T.I. + ファレルの “Blurred Lines”(2013年、最高位1位)と並び60位→47位に上昇しています。また、マックス・マーティンが書いた1位獲得曲のランキングでは2位まで上昇しています。

2020/07/18付
今週もラジオを制してワンランクアップ。
現時点でビルボードが発表した2020年のベスト50で1位に選ばれているこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではブラック・アイド・ピーズの “Boom Boom Pow”(2009年、最高位1位)と並び76位→60位に上昇しています。

2020/07/11付
今週もラジオを制してトップ3をキープ。
これでトップ10滞在20週となったこの曲、ザ・ウィークエンドのヒット曲ランキングでは “The Hills”(2015年、最高位1位)と “Starboy”(2017年、最高位1位)を抜いてついに1位に浮上。また、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではLMFAOの “Sexy And I Know It”(2012年、最高位1位)など4曲と並び76位に上昇、トップ100入りしています。

2020/07/04付
こちらも2ランクアップでトップ3復帰。
引き続き(これで12週)ラジオを制しているこの曲、ザ・ウィークエンドのヒット曲ランキングでは “Can’t Feel My Face”(2015年、最高位1位)を抜いて3位に上昇しています。また、マックス・マーティンが書いた1位獲得曲のランキングでも5位に上昇しています。

2020/06/27付
今週もラジオは制したものの2ランクダウン。
これでトップ5滞在は15週となったこの曲、マックス・マーティンが書いた1位獲得曲のランキングではケイティ・ペリーの “Roar”(2013年)とテイラー・スウィフトの “Blank Space”(2014年)を抜いて7位に上昇しています。

2020/06/20付
今週もラジオを制してトップ3をキープ。
タイトルに “Light” が付く曲としてはHot 100史上初となる10週1位を獲得たデビー・ブーンの “You Light Up My Life”(1977年)以来のナンバーワン・ヒットとなったこの曲、現時点ではまだ年間トップ3入りの青ライトが点灯しているとは言えませんが、一部のチャートマニアの間では(これから先も見越して)年間1位を予想する人も出ているようです。

2020/06/13付
今週もラジオを制してワンランクアップで2度目のトップ3復帰。
トップ3滞在10週となり今年の年間チャートでもトップ3入りが期待できそうなこの曲、マックス・マーティンが書いた1位獲得曲のランキングではケイティ・ペリーの出世作 “I Kissed A Girl”(2008年)を抜いて9位に上昇しています。

2020/06/06付
今週もラジオは制したもののワンランクダウンで再びトップ3から陥落。
先週からチャートポイントに対するラジオの割合が若干低くなるようにルール変更されたらしく、そのことにより2度目の1位復帰はかなり厳しくなったこの曲、マックス・マーティンが書いた1位獲得曲のランキングではジャスティン・ティンバーレイクの “Can’t Stop The Feeling!”(2016年)を抜いて10位に上昇しています。

2020/05/30付
今週もラジオを制してワンランクアップでトップ3復帰。
ポケモンに続いて人気アニメ「アメリカン・ダッド」にも本人役で登場したザ・ウィークエンドのこの曲、マックス・マーティンが書いた1位獲得曲のランキングではピンクの “So What”(2008年)を抜いて11位に上昇しています。

2020/05/23付
今週もラジオは制したもののワンランクダウン。
アドレナリンが湧き出すビートとシンセのサウンドが特徴的なこの曲、ザ・ウィークエンドのヒット曲ランキングでは “Earned It (Fifty Shades Of Grey)”(2015年、最高位3位)を抜いて4位に上昇しています。また、マックス・マーティンが書いた1位獲得曲のランキングでも16位→12位に上昇しています。

2020/05/16付
今週もラジオは制したもののワンランクダウン。
来週は上位2曲のセールスが大幅にダウンすることが予想される一方でこの曲はクロマティックスをフィーチャーしたリミックス版のリリース効果が期待できそうなことから、ビルボード史上8曲目となる2度目(以上)の1位復帰もありそうですが、その前に立ちはだかる曲が現れそうです。(後述)

2020/05/09付
ワンランクダウン。
ビルボード史上初となる初登場1位を獲得した2曲に2回1位を陥落させられたこの曲、マックス・マーティンが書いた1位獲得曲のランキングではピンクの “Raise Your Glass”(2010年)を抜いて17位に上昇しています。

2020/05/02付
セールスとラジオの2冠で4週目の1位。
ポケモンのアニメでは「スター」として登場している一方で、”Heartless”(2019年、最高位1位)の続編となっているこの曲のビデオでは人間の内面に隠された狂気を表現し、バットマンの敵対者「ジョーカー」を彷彿とさせるヒールを演じているザ・ウィークエンド。これで1位獲得週のトータルは15週となり、アリアナ・グランデ、フィル・コリンズ、ブランディ、ポーラ・アブドゥルと並んで58位タイとなっています。

2020/04/25付
返り咲きで3週目の1位。
今週もラジオを制してポスト・マローンの “Circles” 以来となるビルボード史上86曲目の1位復帰。新型コロナの影響でゴーストタウン化したラスベガスの今のようなこの曲のビデオ、再生回数は今週1億回を突破しています。

2020/04/18付
ラジオを制したものの2週で1位から陥落。
ベラ・ハディッドとの破局が原因と思われる傷心と虚無感のようなものが、プリフックでは『見渡してみると、Sin City(罪の街=ラスベガスのニックネーム)は冷たくて空虚。誰も俺を裁けない。君がいないと俺の目は霞んでしまう』と比喩的に表現されているこの曲、マックス・マーティンが書いた1位獲得曲のランキングではケリー・クラークソンの “My Life Would Suck Without You”(2009年)を抜いて19位に上昇しています。

2020/04/11付
セールスを制して2週目の1位。
新型コロナウィルスが世界に広まっているときに1位になったことについて『困惑している』と語っているザ・ウィークエンドのこの曲、週末に放送された「レッスルマニア36」(世界最大のプロレスイベント)のオフィシャル・テーマソングになっていたことにより、大きな宣伝効果が得られたようです。

2020/04/04付
ザ・ウィークエンドは5曲目の1位。
13週連続上昇でチャートを駆け抜け、ストリーミングも制してついにトップに到達。トップ10内では5週連続上昇でポスト・マローンの “Wow.”(2019年、最高位2位)以来、ビルボード史上41曲目。ザ・ウィークエンドのヒット曲ランキングではこの曲が “I Feel It Coming”(2017年、最高位4位)を抜いて5位に上昇しています。また、マックス・マーティンが書いた曲としては23曲目のナンバーワン・ソングとなっています。

2020/03/28付
セールスを制して2ランクアップで最高位更新。
アーハの “Take On Me” に似た疾走感が特徴的なこの曲、先週、ペアレント・アルバムの “After Hour” がリリースされており、来週はその効果で1位獲得の可能性が高くなっています。

2020/03/21付
3ランクアップでトップ5入り。
今週上昇の主因は「サタデー・ナイト・ライブ」でのハイクオリティなパフォーマンス効果(セールス31%増)。これで11週連続上昇となり、楽曲的にもチャート的にも突っ走っているこの曲、ザ・ウィークエンドのヒット曲ランキングでは “Pray For Me”(2018年、最高位7位)と “Heartless”(2019年、最高位1位)を抜いて7位に上昇しています。

2020/03/14付
ワンランクアップで最高位更新。
ザ・ウィークエンド独特のダークなイメージはなく上位争いのダークホース的な存在になるかもしれない疾走感が心地よいこの曲、ザ・ウィークエンドのヒット曲ランキングでは “Call Out My Name”(2018年、最高位4位)を抜いて9位に上昇しています。

2020/03/07付
2ランクアップで最高位更新。
イギリスをはじめ世界18か国で1位を獲得しているこの曲、リリースは(曲が使用されている)メルセデスベンツの新車のCM発表に合わせて行われ、オフィシャル・ビデオでもその車が使われていることから、メルセデスベンツとのコラボ曲と言えるかもしれません。

2020/02/29付
ザ・ウィークエンドは10曲目のトップ10。
ウィークエンドがマックス・マーチンらと書いた曲で、自分の人生を明るく照らしてくれていた恋人のことを歌ったアップテンポのエレクトロ・ポップ。フックでは『言っただろ。光で目がくらむって。君の温もりがないと眠れないんだ』と歌われています。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加