【解説・和訳】 We R Who We R / Ke$ha(ケシャ)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2010年の今日(11月13日)、初登場で1位を獲得した Ke$ha(ケシャ)の “We R Who We R” を解説・和訳しました。

いじめが原因で自殺するゲイの若者たちが増えているというニュースにインスパイアされたエンパワーメント(勇気を与える)・ソングで、エレクトロポップとテクノの要素を取り入れたダンスポップ。

ソングライターはケシャ本人、ドクター・ルーク、ベニー・ブランコ他。

ケシャが『若い人たちに「自分自身を否定することはない、ありのままの自分が素晴らしんだ」というメッセージを伝えるためのロールモデル(お手本)が必要だと思って書いた』というこの曲、同じテーマで後出しされたレディ・ガガの “Born This Way”(2011年、同じく初登場1位)に影を薄くされてしまった感はありますが、アニマル(ケシャのファン)たちだけでなく多くのLGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)たちの心にもしっかりとダウンロードされた一曲になったと思います。

また、ケシャは『スーパー・ポジティブなアンセムを書きたかったの。みんなに気に入ってもらえるといいけど、もし気に入らないなら私に噛みついて』と語っていますが、誰一人彼女に噛みついた人はいないようです。

ちなみに、初登場1位はエミネムの “Not Afraid” 以来で、この曲がビルボード史上17曲目。

【リンク】
当時(2010/11/13)のチャート
ケシャのヒット曲
初登場1位獲得曲

【和訳】
[Verse 1]
ホットでデンジャラス
あなたも仲間なら一緒にやりましょう
(※ノトーリアス・B.I.G.の “Notorious Thugs” の歌詞を一部変えて引用?)

だって 誰だって恋に落とすことができるのよ
私たちのホットパンツさえ履けばね

イエス、わたしたちにはできるの
クラブをハシゴするように
堂々とこの街を走れるの
(※この曲の前年のヒット、ジェイ・Zの “Run This Town” を意識した歌詞?)

ノー、誰もわたしたちをバカにできない
だって十字架(イエス)のネックレスをしてるから

[Pre-Hook]
ギラギラのアイシャドー
ストッキングは引き裂いたの
イカしててセクシーでしょ
さあ、行きましょう!

[Hook]
今夜はハードに行くわよ
この世界が私たちのものになったように
私たちは世界を引き裂ける(変えられる)の
だって私たちはスーパースターなんだから
私たちは私たちのままなの
言葉はいらない 踊るだけ
身体は痺れてくる
私たちはいつまでも若いのよ
だって私たちはスーパースターなんだから
私たちは私たちのままなの

[Verse 2]
DJ、音を上げて(turn it up)
楽しむ時間なの (live it up)
シリアスなのはうんざり
頭がおかしくなる
ありのままを話すわ
私たちもバカなことやってたの
洋服を売って 車で寝て
服を脱いで 男たちをたぶらかす
ハードに

[Pre-Hook]
ギラギラのアイシャドー
ストッキングは引き裂いたの
イカしててセクシーでしょ
さあ、行きましょう!

[Hook]
今夜はハードに行くわよ
この世界が私たちのものになったように
私たちは世界を引き裂ける(変えられる)の
だって私たちはスーパースターなんだから
私たちは私たちのままなの
言葉はいらない 踊るだけ
身体は痺れてくる
私たちはいつまでも若いのよ
だって私たちはスーパースターなんだから
私たちは私たちのままなの

[Bridge]
DJ、音を上げて ×4

[Hook]
今夜はハードに行くわよ
この世界が私たちのものになったように
私たちは世界を引き裂ける(変えられる)の
だって私たちはスーパースターなんだから
私たちは私たちのままなの
言葉はいらない 踊るだけ
身体は痺れてくる
私たちはいつまでも若いのよ
だって私たちはスーパースターなんだから
私たちは私たちのままなの

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加