【解説】 Islands In The Stream / ケニー・ロジャース & ドリー・パートン

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1983年の今日(10月29日)、1位を獲得した Kenny Rogers (ケニー・ロジャース) & Dolly Parton (ドリー・パートン)の “Islands In The Stream” について解説しました。

ヘミングウェイの同名の長編小説にインスパイアされた曲で、ビー・ジーズのバリー、ロビン、モーリスのギブ三兄弟が書いたカントリーポップ。

もともとマーヴィン・ゲイのためにR&Bの曲調として書かれていたこの曲は、ケニー・ロジャースにとっては “Lady” に続く2曲目、そしてドリー・パートンにとっても “9 to 5” に続く2曲目のナンバーワン・ヒットとなっています。

また、ディスコ・ブームの終焉を迎えてもなお、引き続き多様なジャンルのヒット曲を輩出してその存在感を示したビー・ジーズは、この曲が高く評価されたことも大きな要因となり、後にソングライターの殿堂入りを果たしています。

フックでは、

海流のなかの島々
それが僕たち
他には誰もいない
間違いようがない
一緒に別世界に船出しよう
お互いに信頼しあって
愛を分かち合って

と歌われているこの曲の歌詞について、ビージーズのロビン・ギブは『(サンプリングなどで)乱用したり、変更したりしてこの曲の権威を傷つけるようなことは決してしてはならない。オリジナルのベストな状態をリスペクトしなければならない』と臆せずに語っています。

ちなみに、この曲の次にカントリーが1位を獲得するのは17年後でローンスターの “Amazed”。

【リンク】
当時(1983/10/29)のチャート
ケニー・ロジャースのヒット曲
ドリー・パートンのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加