ビルボード Hot 100(2020/06/20付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2020/06/20付 ビルボード Hot 100 トップ10解説


1位右矢印 (先週1位、最高位1位)
DaBaby(ダベイビー) feat. Roddy Ricch(ロディ・リッチ) – ROCKSTAR
今週もストリーミングを制して2週目の1位。
“Stuck With U” に続いて今年2曲目となる同名異曲のナンバーワン・ソング誕生となったこの曲、先週(6/12)、ダベイビー自身が体験した白人警察官による「蛮行」についてラップしているヴァースが追加された “Black Lives Matter” リミックスがリリースされていますが、来週、シックスナイン&ニッキー・ミナージュの “Trollz” の初登場1位を阻止できるかどうかは今のところ微妙です。(現時点ではこの曲のほうが有利)


2位右矢印 (先週2位、最高位1位)
Megan Thee Stallion(ミーガン・ジー・スタリオン) feat. Beyonce(ビヨンセ) – Savage
今週もセールスを制して2位をキープ。
先週はYouTube上での卒業式を祝うためパフォーマンスされたこの曲、ビヨンセのヒット曲ランキングでは “’03 Bonnie & Clyde”(2002年、最高位4位)、”If I Were A Boy”(2008年、最高位3位)の2曲を抜いて8位に上昇しています。
Beyonce(ビヨンセ) – ヒット曲ベスト20(更新)


3位右矢印 (先週3位、最高位1位)
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) – Blinding Lights
今週もラジオを制してトップ3をキープ。
タイトルに “Light” が付く曲としてはHot 100史上初となる10週1位を獲得たデビー・ブーンの “You Light Up My Life”(1977年)以来のナンバーワン・ヒットとなったこの曲、現時点ではまだ年間トップ3入りの青ライトが点灯しているとは言えませんが、一部のチャートマニアの間では(これから先も見越して)年間1位を予想する人も出ているようです。
【解説・和訳】 Blinding Lights / ザ・ウィークエンド
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) – ヒット曲ベスト20
マックス・マーティン – 1位獲得曲ベスト20+α


4位右矢印 (先週4位、最高位1位)
Doja Cat(ドジャ・キャット) – Say So
4位変わらず。
トップ10滞在12週ながら3位と10位以外の順位はすべて経験しているこの曲、年間チャートの順位予想ではまだトップ10圏外ですが、ビルボードが6/10に発表した「今年の(現時点での)ベスト50」では4位となっています。ちなみに1位は “Blinding Lights”、2位は “Savage”、3位は “Adore You”。


5位右上矢印 (先週8位、最高位5位)
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) & Quavo(クエヴォ) – Intentions
3ランクアップでトップ5入り。
これで最高位8位以下でのトップ10滞在記録はなくなりましたが、最高位5位以下の曲としてはビルボード史上14曲目(9位タイ)のトップ10滞在15週となっています。また、ジャスティン・ビーバーのヒット曲ランキングではこの曲が “Beauty And A Beat”(2013年、最高位5位)を抜いて12位に上昇しています。
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – ヒット曲ベスト20(更新)


6位右矢印 (先週6位、最高位1位)
Drake(ドレイク) – Toosie Slide
6位変わらず。
流れとしては緩やかな下降線をスライドしているこの曲、足をスライドさせるダンスが披露されているビデオはビルボードが選ぶ今年の(現時点の)ベスト20ビデオに選ばれています。
Drake(ドレイク) – ヒット曲ベスト20


7位右上矢印 (先週10位、最高位7位)
SAINt JHN(セント・ジョン) – Roses(Imanbek Remix)
3ランクアップで最高位更新。
オリジナル版は4年前にリリースされオーストラリアやカナダでも1位を獲得しているこの曲、カザフスタン出身で19歳のプロデューサーによる突然のリミックス版リリースで再注目されていますが、新たなビデオの制作については、予算を “Black Lives Matter” ムーブメントに賛同して寄付したため、予定はなくなったそうです。


8位右下矢印 (先週7位、最高位2位)
Dua Lipa(デュア・リパ) – Don’t Start Now
ワンランクダウン。
トップ10滞在は20週目。これは1位を獲得していない曲としてはホジアーの “Take Me To Church”(2014年、最高位2位)など6曲と並び20位タイ(ビルボード史上26曲目)の記録となっています。
【解説・和訳】 Don’t Start Now / デュア・リパ


9位右矢印 (先週9位、最高位1位)
Roddy Ricch(ロディ・リッチ) – The Box
9位変わらず。
引き続き今年のアーティスト別1位滞在週(13週)とトップ10滞在週(31週)の両方で単独トップに立っているロディ・リッチのこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではメーガン・トレイナーの “All About That Bass”(2014年、最高位1位)と並び24位→22位に上昇しています。
【解説・和訳】 The Box / ロディ・リッチ


10位右下矢印 (先週5位、最高位1位)
Lady Gaga(レディー・ガガ) & Ariana Grande(アリアナ・グランデ) – Rain On Me
5ランクダウン。
ラジオでは2週連続伸び率1位ながら今週も大きく順位を落としたこの曲、アリアナ・グランデのヒット曲ランキングでは “Love Me Harder”(2014年、最高位7位)を抜いて8位に上昇しています。
Lady Gaga(レディー・ガガ) – ヒット曲ベスト20
Ariana Grande(アリアナ・グランデ) – ヒット曲ベスト20(更新)

以上、最新のトップ10紹介でした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加