【解説・和訳】 The Box / ロディ・リッチ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Roddy Ricch(ロディ・リッチ)の “The Box” を解説・和訳しました。

ストリートギャング・ライフとセックス・ライフを巧みに掛け合わせている曲で、バックグランドで終始鳴り響く”EEE ERR” というサウンドが印象的なラップ。

タイトルの「ザ・ボックス」とは表向きにはロディ・リッチがギャング時代に使用していた「着脱式ボックス・マシンガン」のことのようですが、スラングで「女性器」というエロい意味の部分は巧みにカムフラージュされています。

1位を継続するためにタイミングを計っていた感があるものの、表向きには「自分で監督したから」という理由で大幅にリリースが遅れたビデオは、ロディが歌詞に合わせてカーレーサー、バスケ選手、大統領などに扮し、最後は小さなガラスのボックスに入ってミュージアムに展示されるという内容になっています。

現在(2020/03/28付)まで11週連続1位、週間ストリーミング数ではリル・ナズ・X ft. ビリー・レイ・サイラスの “Old Town Road” 以来となる7,500万回超えを記録するなど、早くも年間1位の最有力候補と言われる大ヒットとなっています。

【和訳】
[Hook]
Pullin’ out the coupe at the lot
Told ‘em fuck 12, fuck SWAT
Bustin’ all the bales out the box
I just hit a lick with the box
Had to put the stick in the box, mmh

(パーキング)ロットからクーペ(車)を出す
(pullin’ outは「イク前に抜く」という避妊行為も意味する)
12(警察のこと:警察無線のコードが由来)にファックって言ってやった
ファック、スワット(警察の特殊部隊)
(「ファック」というワードでより前文がセクシャルな意味も持つことを印象付けている?)
ボックスの外にベール(圧縮した大麻)をぶちまける
(イク時は外にぶちまける)
(殺しは)ボックスをぶっ放すだけ
(あそこを舐めるだけ)
ボックスにスティック(詰め替え用の弾)を装着しないとな
(あそこに俺のスティックを突っ込まないとな)

Pour up the whole damn seal, I’ma get lazy
I got the mojo deals, we been trappin’ like the ’80s
She sucked a nigga soul, gotta Cash App
Told ‘em wipe a nigga nose, say slatt, slatt
I won’t never sell my soul, and I can back that
And I really wanna know where you at, at

シールは全部注ぎ込む、面倒だから
(※シール:鎮痛剤のコデインと咳止めシロップのプロメタジンの混合物=やばいクスリ)
(一滴残らず出す)
(ドラッグの)デカい取引をした、80年代みたいなデカい取引
(性交渉が成立した)
女は「黒人の魂」(男性器)をしゃぶってCash App(モバイル決済アプリ)を手にする
ぶっ殺すって言ってやった
(※wipe a nigga nose:ラッパーが頻繁に使用するスラングで「ぶっ殺す」)
笑顔と愛情をこめて
(※slattは”Smile Love All The Time”の略)
(イクって言ってやった、笑顔と愛情をこめて)
俺は「黒人の魂」は売らない、絶対に
(※黒人の魂を売る:ラッパーが転身すること)
(※男性シンボルとしての「黒人の魂」はしゃぶらせるが、ラッパーとしての「黒人の魂」は売らない)
知りたいんだ、お前がどこにいるのか

[Verse 1]
I was out back where the stash at
Cruise the city in a bulletproof Cadillac (Skrrt)
‘Cause I know these niggas after where the bag at (Yeah)

刑務所から戻ってきたが、隠していたモノはどこだ
防弾ガラスのキャデラックで街を駆け巡る
そのモノがどこに行ったか知っているヤツはわかっている

Gotta move smarter, gotta move harder
Nigga try to get me for my water
I’ll lay his ass down, on my son, on my daughter

賢くハードに立ち回る
ヤツらは俺のウォーター(やばいクスリ)を狙っている
何もさせない、俺の息子と娘(※俺の持ち物)に

I had the Draco with me, Dwayne Carter
Lotta niggas out here playin’, ain’t ballin’

俺にはドラコ(※1)がある、ドウェイン・カーター(※2)
(※1:マシンガン、ドレイクと発音が似ている)
(※2:マシンガンの不法所持で逮捕された&ドレイクを見い出したリル・ウェインの本名)
ここには貧困層の黒人だらけ

I done put my whole arm in the rim, Vince Carter (Yeah)
And I know probably get a key for the quarter

俺はリングに腕を突っ込む(ダンクシュートを決める)、ヴィンス・カーター(※)
(※肘までリングに突っ込むダンクが有名なバスケ選手)
このクォーターのキーになるぜ

Shawty barely seen in double C’s, I bought ‘em
Got a bitch that’s looking like Aaliyah, she a model

ほとんどいないダブルC(※シャネルのロゴ)を着けた女、俺が買ってやった
アリーヤみたいな女、彼女はモデル

I got the pink slip, all my whips is key-less
Compton, I’m about to get the key to the city
Patek like the sea, forget it

ピンクスリップ(※車の権利書)を手に入れた
俺の車はすべてキーレス
コンプトン(※)、俺はこの市のキーを手に入れる(名誉市民になる)
(※:ロディが育った貧困層が多く犯罪発生率が高いカリフォルニア州の都市)
海のようなパテック(高級腕時計)、忘れてくれ

[Hook]

[Verse 2]
Hahaha, I been movin’ ‘em out
If Steelo with me, then he got the blues in the pouch (Yeah)

ハハハ、ヤツらは追い払った
もしスティーロ(※ロディの昔の友達)が俺と一緒に居たら
彼のポーチには青帯(※100ドルの札束)が入っていただろう

Took her to the forest, put the wood in her mouth
Bitch, don’t wear no shoes in my house
The private I’m flyin’ in, I never wan’ fly again
I’ll take my chances in traffic (Yeah)
She suckin’ on dick, no hands with it
I just made the Rollie plain like a landing strip

彼女を森に連れて行って、口に「木」をぶち込む
ビッチ、俺の家では靴を脱げ
飛ぶときはプライベートジェット、(一般の)飛行機では二度と飛びたくない
チャンスはトラフィック(取引)で掴む
(セックスの機会はトラフィック(乗り物の中)で掴む)
彼女は手を使わずにしゃぶる
俺のロレックスは滑走路のようなプレーン
(※宝石なしの「平らな」という意味の”Plain”と飛行機の”plane”を掛けている)

I’m a 2020 president candidate
I done put a hundred bands on Zimmerman, shit
I been movin’ real gangster, so that’s why she picked a Crip
Shawty call me Crisco ‘cause I pop my shit
Got it out the mud, there’s nothin’ you can tell me, yeah
When I had the drugs, I was street wealthy, yeah

俺は2020年の大統領候補
ジマーマンに100ドルの札束(10万ドル)の懸賞金を出した
(※丸腰の黒人高校生を射殺したヒスパニック系自警団員のジマーマンを暗殺するため)
俺はリアルなギャングスタに近づいた
それが彼女がクリップ(ストリートギャングの巨大組織)を選んだ理由
彼女は俺をクリスコと呼ぶ、だから俺は飛び跳ねる
(※クリスコはスケートボーダーのクリス・コールと発音が似ている植物油の名前)
(※スケートボードで飛び跳ねるとフライパンで油が飛び跳ねることを掛けている)
貧困から抜け出したら、誰も俺には何も言えねえ
ドラッグを売ってた時は(ストリート・チルドレンならぬ)ストリート金持ちだったぜ

[Hook]


【ビルボード Hot 100 トップ10解説より】
2020/06/06付
ワンランクダウン。
今年のアーティスト別トップ10滞在週では単独トップ(27週)に立っているロディ・リッチのこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではショーン・メンデス&カミラ・カベロの “Senorita”(2019年、最高位1位)を抜き25位→24位に上昇しています。

2020/05/30付
7位変わらず。
現時点では今年の年間1位の最有力候補と言えるこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではトラヴィス・スコットの “SICKO MODE”(2018年、最高位1位)と並び29位→25位に上昇しています。

2020/05/23付
こちらも2ランクダウンでトップ5から陥落。
これでトップ10滞在は20週目。そしてHot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではリアーナ ft. カルヴィン・ハリスの “We Found Love”(2011年、最高位1位)と並び34位→29位に上昇しています。

2020/05/16付
変わらずトップ5をキープ。
先週、ビルボードによるインタビューの中で『インスピレーションは自分の人生から得ている』、『”The Box” はニューヨークに滞在中の朝6時に着想を得た』と語っているロディ・リッチのこの曲、トップ5はこれでビルボード史上30曲目(23位タイ)となる19週。そして、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではクーリオ ft. L.V.の “Gangsta’s Paradise”(1995年、最高位1位)、マライア・キャリー&ボーイズ・II・メンの “One Sweet Day”(1995年、最高位1位)と並び46位→34位に上昇しています。

2020/05/09付
2ランクダウンでトップ3から陥落。
しかしながらトップ5はこれでビルボード史上40曲目(30位タイ)となる18週。また、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではロビン・シック ft. T.I. + ファレルの “Blurred Lines”(2013年、最高位1位)と並び59位→46位に上昇しています。

2020/05/02付
3位変わらず。
これでトップ3はビルボード史上16曲目(10位タイ)となる17週。そして、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではブラック・アイド・ピーズの “Boom Boom Pow”(2009年、最高位1位)、カニエ・ウエスト ft. ジェイミー・フォックスの “Gold Digger”(2005年、最高位1位)など11曲を一気に抜いて70位→59位に上昇しています。

2020/04/25付
3位変わらず。
これでトップ3はポスト・マローンの “Circles” 以来、ビルボード史上25曲目(16位タイ)となる16週。そして、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではリアル・マッコイの “Another Night”(1994年、最高位3位)、サンタナ ft. プロダクトG&Bの “Maria Maria”(2000年、最高位1位)と並んで97位→70位に上昇しています。

2020/04/18付
ワンランクダウン。
トップ10滞在はこれで15週目となったこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではアッシャー&アリシア・キーズの “My Boo”(2004年、最高位1位)、フェティ・ワップの “Trap Queen”(2015年、最高位2位)など4曲と並んで97位に上昇、トップ100入りしています。

2020/04/11付
再びストリーミングを制したものの2位変わらず。
トップ10はこれで14週目。10週以上1位を獲得した曲でトップ10滞在が一番短かったデビー・ブーンの “You Light Up My Life”(1977年、10週1位)とドレイクの “In My Feelings”(2018年、10週1位)と並んでいます。

2020/04/04付
ワンランクダウンで1位陥落。
ビルボード史上21曲目となる12週(以上)1位はならず(今のところ)。ザ・ウィークエンドにトップの座を明け渡してしまいましたが、ビデオの再生回数では先週 “Blinding Lights” を逆転。引き続き好調ということもあり、1位返り咲きの可能性もあると思います。

2020/03/28付
今週もストリーミングを制して11週目の1位。
11週1位はビルボード史上27曲目(Hot 100になってからは26曲目)。イントロ部分はシアラ ft. ジャスティン・ティンバーレイクの “Love Sex Magic” のサンプリングではないかと言われていたこの曲(プロデューサーが否定)、1位は今週で最後になってしまうかもしれません。

2020/03/21付
今週もストリーミングを制して10週目の1位。
10週1位はビルボード史上41曲目(Hot 100になってからは39曲目)。今集計年度のチャートポイント合計はポスト・マローンの “Circles” を上回ったと思われ、現時点では年間1位の最有力候補になっています。ちなみに、過去10週以上1位を獲得した40曲の中で年間チャートを制したのは16曲。

2020/03/14付
今週もストリーミングを制して9週目の1位。
ロディが歌詞に合わせてカーレーサー、バスケ選手、大統領などに扮し、最後は小さなガラスのボックスに入ってミュージアムに展示されるという内容になっているこの曲のビデオ、この1週間で2,000万回以上再生されて1位キープに大きく貢献しています。

2020/03/07付
今週もストリーミングを制して8週目の1位。
トップ10内では引き続きクリス・クロスの “Jump”(1992年)と全く同じ動き(3位→8週1位)をしているこの曲、ロディが「自分で監督したからちょっと時間がかかった」というオフィシャル・ビデオは土曜日(2/29)にリリースされており、来週はトップ10滞在10週目で3位に落ちた “Jump” とは違う動き(1位継続)になると思われます。(レディー・ガガの新曲が気になるところですが…)

2020/02/29付
今週もストリーミングを制して7週目の1位。
ヴァース1では『俺はドラコ(※マシンガン:ドレイクと発音が似ている)を持っている、ドウェイン・カーター(※武器の不法所持で逮捕された&ドレイクを見い出したリル・ウェインの本名)』とラップされているこの曲、1位継続のための強力な武器となりそうなビデオは公開のタイミングが計られているのか、まだリリースされていません。

2020/02/22付
今週もストリーミングを制して6週目の1位。
ヴァース2では『俺は2020年の大統領候補』とラップされているこの曲、撮影済みのオフィシャル・ビデオは公開準備中という情報が入ってきており、今後はそのリリース効果も期待できるため、2020年を制する(年間1位の)有力候補になると思います。

2020/02/15付
今週もストリーミングを制して5週目の1位。
ストリーミングは6%減ながらまだ6,000万回超とハイレベル、セールスは7%アップでトップ10入り(16位→9位)、ラジオはこれで3週連続伸び率1位(25位→15位)で今週も1位安泰だったこの曲、撮影済みというビデオのリリースは2位との差が縮まるまで温存という戦略なのかもしれません。

2020/02/08付
今週もストリーミングを制して4週目の1位。
トップ10内では今のところクリス・クロスの “Jump”(1992年)と全く同じ動き(トップ10には3位で登場、のち8週連続1位)をしているこの曲、レーベル(アトランティック)側が「撮影済み」と明かしたオフィシャル・ビデオが近いうちに公開される見込みで、今後も “Jump” と同じ動きになる(1位継続する)と思われます。

2020/02/01付
今週もストリーミングを制して3週目の1位。
バックグランドで終始鳴り響く “EEE ERR” というサウンド(ヴォーカル?)が最大の特徴と言われているこの曲、今週もオフィシャルビデオなしで週間ストリーミング数はリル・ナズ・X ft. ビリー・レイ・サイラスの “Old Town Road” 以来となる7,500万回超えを記録しており、早くも今年最大のヒットとなりそうな予感が漂っています。

2020/01/25付
圧倒的な強さでストリーミングを制して2週目の1位。
セクシャルな意味も持たせつつギャング・ライフについてラップされているこの曲、冒頭の『(パーキング)ロットからクーペ(車)を出す』という歌詞は避妊行為(イク前に抜く)を想起させるフレーズだそうで、続く『12(警察無線のコードが由来でアトランタ警察のこと)にファックって言ってやった。ファック、スワット(警察の特殊部隊)』という歌詞とは「ファック」繋がりになっています。

2020/01/18付
ロディ・リッチは初の1位。
圧倒的な強さで今週もストリーミングを制して1位獲得。先週、リリック・ビデオが公開されたものの公式ビデオはまだリリースされていないこの曲、タイトルはスラングで女性器という意味もあるものの、「着脱式ボックス・マガジン」というロディ・リッチがギャング時代に使用していたマシンガンの略称だそうで、フック部分の歌詞は「ボックスをつかって強盗する」、「ボックスに(弾丸の入った)スティックをはめ込む」というのが表向きの意味で、エロい意味にも取れるダブルミーニングになっているようです。

2020/01/11付
ロディ・リッチは初のトップ10。
ストリーミングを制していきなりトップ3入り。ストリートギャング・ライフとセックス・ライフがラップされている曲で、タイトルの “The Box” とはスラングで女性器のこと。フックでは『俺はただボックスを舐めるだけ』『ボックスにスティックを入れる必要があったんだ』などとラップされています。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加