【解説】 Wild Wild West / ウィル・スミス

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1999年の今日(7月24日)、1位を獲得した Will Smith(ウィル・スミス) feat. Dru Hill(ドゥルー・ヒル) & Kool Moe Dee(クール・モー・ディー)の “Wild Wild West” について解説しました。

映画「ワイルド・ワイルド・ウエスト」の主題歌で、同映画に主演しているウィル・スミスのラッパーとしての才能も改めて感じさせられるヒップホップ。

もともと都会でのライフスタイルと旧西部を重ね合わせたクール・モー・ディーの同名曲がベースになっているこの曲は、楽曲的にはスティーヴィー・ワンダーの “I Wish”(1977年、最高位1位)がベースになっており、そのクール・モー・ディーはドゥルー・ヒルのシスコと共に助演、スティーヴィー・ワンダーはエンリケ・イグレシアス、ベイビーフェース、MCライトらと共にビデオにカメオ出演しています。

また、ヴァース1の最後の部分では、

[Will Smith]
Now who you gonna call?
さて、誰を呼ぶ?

[Sisqo & Dee]
Not the GBs
GB(ゴーストバスターズ)じゃないぜ

[Will Smith]
Now who you gonna call?
さて、誰を呼ぶ?

[Sisqo & Dee]
J Dub and A.G
J Dub(映画の主人公、James Westのこと)と
A.G(主人公のパートナー、アーティマス・ゴードンのこと)

と、レイ・パーカー・ジュニアの “Ghostbusters”(1984年、最高位1位)の名フレーズが使用されています。

ちなみに、エスケイプ・クラブが1988年に同名の曲で1位を獲得しており、この曲が1位を獲得したことにより(おそらく)ビルボード史上10曲目の同名異曲のナンバーワン・ソング誕生となっています。

【リンク】
当時(1999/07/24)のチャート
ウィル・スミスのヒット曲
ドゥルー・ヒルのヒット曲
クール・モー・ディーのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加