【解説】Nice & Slow / Usher(アッシャー)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1998年の今日(2月14日)、1位を獲得した Usher(アッシャー)の “Nice & Slow” について解説しました。

男女のロマンスが描かれている官能的なバラードで、アッシャーの柔らかいヴォーカルが特徴的なR&B。

ソングライターはアッシャー本人とジャーメイン・デュプリ、それにバック・ヴォーカルにも参加しているジャギド・エッジのブライアン・キャシーとブランドン・キャシーの双子の兄弟。

アッシャー初のナンバーワン・ヒットとなったこの曲、プロデューサーも務めているジャーメイン・デュプリによると、アッシャーが『世界をノックアウトするバラードが必要なんだ』と言ってきたのがきっかけで、最初にビートを作って歌詞はそれに合わせて書いたそうです。

フックでは

静かないい場所に連れて行ってあげる
誰の邪魔も入らない落ち着ける場所さ
僕はゆっくり愛し合いたいんだ
(ベイビー 僕と何がしたい?)
この時をずっと待っていた
朝が来るまで愛し合おう
僕はゆっくり愛し合いたいんだ
(ベイビー 僕と何がしたい?)

とスローに歌われていますが、曲の制作はわずか4時間だったそうです。

【リンク】
当時(1998/02/14)のチャート
アッシャーのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ヒット好き より:

    アッシャー師匠らしい曲ですね〜。
    わずか4時間でNo1ソングをつくるとは…流石ですね。(それに若い…)
    ギターもいい感じを漂わせてますね。2ndアルバムの中では好きな方です。

    • ソングライトに関してはジャーメイン・デュプリがメインだと思いますが、アッシャーらしいと言えばらしいですね。
      ちょっと単調過ぎる気もしなくはないですが…

  2. ヒット好き より:

    細かいですが、アッシャーのつづり
    間違えてます(^_^)a