ビルボード Hot 100(2018/03/10付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2018/03/10付 ビルボード Hot 100 トップ10解説



1位右矢印 (先週1位、最高位1位)
Drake(ドレイク) – God’s Plan
ストリーミングを制して6週目の1位。
ビデオの「神対応」(寄付)が話題になっているドレイクのこの曲、ヴァース1では『俺より長生きするブラザーたちがいればいい。そいつらが俺とは違うことを語り継いでくれる』とラップされており、イエス・キリストと12人の使徒を想起させる内容になっています。
Drake(ドレイク) – ヒット曲ベスト20(更新)

2位アップ (先週-位、最高位2位)
Post Malone(ポスト・マローン) feat. Ty Dolla $ign(タイ・ダラー・サイン) – Psycho
ポスト・マローンは3曲目、タイ・ダラー・サインは2曲目のトップ10。
ポスト・マローンのラグジュアリーなライフスタイルが歌われている曲で、名声と信頼がテーマになっているスローテンポのトラップ。フックでは『俺のAP(高級腕時計のオーデマ・ピゲのこと?)はサイコ。リル・ママはマイケルみたいにバッド』と歌われています。


3位右下矢印 (先週2位、最高位1位)
Ed Sheeran(エド・シーラン) – Perfect
今週もラジオを制したもののワンランクダウン。
婚約指輪はフィアンセが銀粘土で作ってくれたものと明かしたものの、いつ結婚するかについては「みんなには教えない」と語っているエド・シーランのこの曲、HOT100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではアッシャー&アリシア・キーズの “My Boo”、フェティ・ワップの “Trap Queen” と並んで84位に上昇、トップ100入りを果たしています。


4位右下矢印 (先週3位、最高位3位)
Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) & Cardi B(カーディ・B) – Finesse
ワンランクダウンでトップ3から陥落。
カーディ・Bのラップから始まるこの曲、『ポルシェのオープンカー、腕にはロレックス』という歌い出しになっていますが、彼女が実際に所有している車はベントレー(運転免許なし)で、腕時計はダイアモンドが散りばめられた1000万円超のパテック・フィリップだそうです。
Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) – ヒット曲ベスト10


5位右下矢印 (先週4位、最高位1位)
Camila Cabello(カミラ・カベロ) feat. Young Thug(ヤング・サグ) – Havana
ワンランクダウンながら18週目のトップ5。
3月3日に21歳の誕生日を迎え、エド・シーランに続き誕生日(付のチャート)に自身の曲がトップ10にランクインした今年二人目のアーティストとなったカミラ・カベロのこの曲、HOT100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではアデルの “Hello” などと並び59位に上昇しています。
【解説・和訳】Havana / カミラ・カベロ feat. ヤング・サグ


6位右下矢印 (先週5位、最高位5位)
BlocBoy JB(ブロックボーイ・JB) feat. Drake(ドレイク) – Look Alive
主要3チャートでポイントアップながらトップ5から陥落。
メイン・アクトにはなっているもののドレイクの脇役感が強いブロックボーイ・JB、曲の中盤以降にやっとくる自分の出番(ヴァース2)では『ビッチ、こっちに来な。お前とお前。俺もドリジー(ドレイクのこと)もカネは持ってる』とラップされています。


7位右上矢印 (先週8位、最高位7位)
Bebe Rexha(ビービー・レクサ) & Florida Georgia Line(フロリダ・ジョージア・ライン) – Meant To Be
ワンランクアップで最高位復帰。
『音楽の美しいところの一つはジャンルの境界を超えられること』と語るビービー・レクサ、この曲については『ニューヨークっ子の私がカントリーチャートでヒット曲を出せるなんて考えたこともなかった。でもこれこそ「こうなる運命」だった、”Meant To Be” ってことだったのかも』とコメントしています。


8位右下矢印 (先週6位、最高位1位)
Post Malone(ポスト・マローン) feat. 21 Savage(21サヴェージ) – rockstar
2ランクダウン。
ビルボード史上17曲目のトップ10滞在24週となったこの曲、HOT100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではトニー・ブラクストンの “Un-Break My Heart”、マライア・キャリーの “We Belong Together” を抜いて8位に上昇しています。
【解説・和訳】Rockstar / ポスト・マローン ft. 21サヴェージ

9位右矢印 (先週9位、最高位7位)
The Weeknd(ザ・ウィークエンド), Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー) – Pray For Me
変わらず9位。
忠誠、犠牲、救済について説いていると言われているこの曲、基本的には映画「ブラックパンサー」のストーリーとリンクした歌詞だと思われますが、ローマ教皇の服装で現れるオープニングショットと最後の晩餐の再演シーンのビデオが話題になったケンドリックの “Humble.” 同様、宗教的な暗意が込められているような気がします。


10位右下矢印 (先週7位、最高位7位)
Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー) & SZA(シザ) – All The Stars
3ランクダウン。
宇宙の深淵と人間の起源をイメージさせるようなビデオが印象的なこの曲、そのビデオで使用されている幾何学的なゴールドのアートワークはリラ・アイリス・ヴィクターというアーティストによるものらしく、彼女は『二度使用依頼が来たが二度とも断った。そしたら無断で使用された』と訴えており、ちょっとしたトラブルになっているようです。

トップ10圏外ではゼッド、マレン・モリス&グレイの “The Middle” が13位→11位、シックスナインの “Gummo” が25位→16位、ロジックの “44 More” が初登場22位、カミラ・カベロの “Never Be the Same” が28位→24位などとなっています。

以上、最新のトップ10紹介でした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加