【解説・和訳】She Drives Me Crazy / ファイン・ヤング・カニバルズ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1989年の今日(4月15日)、1位を獲得した Fine Young Cannibals(ファイン・ヤング・カニバルズ)の “She Drives Me Crazy” を解説・和訳しました。

どうしようもないくらい彼女に夢中にさせられるという曲で、スカとテクノの要素が取り入れられたポップ・ロック。

ソングライターはヴォーカルのローランド・ギフトとベースのデヴィッド・スティール。

もともと “She’s My Baby” というタイトルで、普通に歌う予定だったというこの曲は、ちょっと奇妙な雰囲気を醸し出しているファルセット(裏声)と、工夫を凝らして作り上げられたというスネア・ドラムのビートが非常に印象的で、インパクトのあるサウンドに仕上げられています。

また、MTVのベスト・ビデオにノミネートされたビデオは、前にしか進めないカンガルーのようにドラムのビートに合わせて飛び跳ねるダンサーの動きにも注目が集まりましたが、これは彼女に夢中になって周りが見えなくなっている(前しか見えない)様子が表現されているようです。

【リンク】
当時(1989/04/15)のチャート
ファイン・ヤング・カニバルズのヒット曲

【和訳】
[Verse 1]
止められない この想い
君のすることは現実とは思えない
何を考えているのか 教えてくれよ
だって俺らには 時間がないんだ
俺を解放してくれないか
もう待っていられないんだ

[Hook]
彼女は俺を夢中にさせる
他の誰にもできないほど
彼女は俺を夢中にさせる
どうしようもないんだ

[Verse 2]
気が休まることもない
何かに憑りつかれているって言われるんだ
君が言うことは全てウソ
でも俺は何も驚かない
君のことで経験したことは真実だから
物事はそううまくはいかない
いつだってそう

[Hook]

[Verse 3]
うまくやれないかも
自分一人じゃ
誰だって
孤独にはなりたくない

[Hook]

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まき より:

    こんにちは
    懐かしい曲ですね。大好きな曲です。
    この曲がヒットした翌年か翌々年くらいにCMソングとして使われて気持ちがアップしたのを覚えています。
    ジョディ・フォスターの出ていたホンダ シッビック フェリオのCMでした。
    92年に私はフェリオじゃない方でしたがシビックを購入しました(^^ゞ
    シビックに乗ってFYCのアルバムを聴きながらドライブしていました。
    私はこの曲に夢中になりました。

    この何年後かに、ディカプリオと松雪泰子がシビックのCMに出ていたのも懐かしく思い出しました。

    • そういえばCMに使われていましたね。薄っすら思い出しました。
      「彼女に夢中にさせられる」という曲に夢中になったという訳ですね。 (^_^)