【解説】Kiss On My List / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1981年の今日(4月11日)、1位を獲得した Daryl Hall & John Oates(ダリル・ホール&ジョン・オーツ) の “Kiss On My List” について解説しました。

ダリル・ホールがラブソングとは正反対の曲と語る、洗練された大人のポップ・ロック。

ソングライターはダリル・ホールとジャナ・アレン。ジャナは、ホール&オーツの出世作 “Sara Smile” のモデルでダリルの恋人だったサラ・アレンの妹。

友達はみんな不思議がってる
いつも僕が君に電話してるから
でも何て言えばいいんだろう
そんな秘密をばらす必要なんてないからね
 :
彼らが僕の密かな楽しみを知りたがると
僕はこんな風に言ってやるんだ
 :
僕はただ寝そべって笑みを浮かべて
こう説明するのさ
 :
だって君のキスが僕のリストにあるからさ

という歌詞は、僕の(やること or 欲しい物)リストに君のキスは載せてるけど、どうしてもってわけじゃない、ということのようです。

ちなみに、ダリル・ホールによると、ヴァン・ヘイレンの “Jump” はこの曲の一部をコピーしたものだそうです。

【リンク】
当時(1981/04/11)のチャート
ダリル・ホール&ジョン・オーツのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加