【解説】Gold Digger / Kanye West(カニエ・ウェスト)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2005年の今日(9月17日)、1位を獲得した Kanye West(カニエ・ウェスト) feat. Jamie Foxx(ジェイミー・フォックス)の “Gold Digger” について解説しました。

前年に亡くなったレイ・チャールズの “I Got A Woman” をサンプリングしている曲で、お金目当ての女のことをラップしているヒップホップ。

ゲスト・ヴォーカルとしてフィーチャーされているのは、そのレイ・チャールズの伝記映画「レイ」の主演を務めたジェイミー・フォックス。

もちろん、現妻のキム・カーダシアンのことではことではないと思いますが、

あの女は金を盗んだ 貧乏な俺から
なんて女だ 信じてたのに
その正体は 金目当ての女
俺はカモだった

強欲女とは言わないが
文無しは相手にしない
計算高いとは言わないが
貧乏男を袖にする
金持ち男をつかまえりゃいい
カネのあるやつとヤッてりゃいいさ

と歌われており、エルビス・プレスリーもカヴァーした元ネタのフレーズの『いい娘なんだ 困ったときは金をくれるし 本当に友達みたいなんだ』とは真逆の歌詞になっています。

【リンク】
当時(2005/09/17)のチャート
カニエ・ウェストのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加