ビルボード Hot 100(2017/06/17付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2017/06/17付 ビルボード Hot 100 トップ10解説



1位右矢印 (先週1位、最高位1位)
Luis Fonsi(ルイス・フォンシ) & Daddy Yankee(ダディ・ヤンキー) feat. Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – Despacito
今週もセールスとストリーミングを制して4週目の1位。
ストリーミングのチャート発足(2013年3月)以来、バウアーの “Harlem Shake” に次いで2番目となる週間6,960万ストリーミングを記録したこの曲、ジャスティン・ビーバーがライブではスペイン語の歌詞を上手く歌えないことについて、ルイス・フォンシは『ちょっとトリッキーな歌詞だし、スペイン語が流暢な僕ですら簡単ではないので…』とコメントしています。


2位右矢印 (先週2位、最高位1位)
Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) – That’s What I Like
今週もラジオを制して1位陥落後5週目となる2位をキープ。
Twitterのフォロワー数が3,000万人を超えたブルーノ・マーズのこの曲、YouTubeでの再生回数は5億回を超え、彼のヒット曲ランキングでは2011年に4週1位を獲得した “Grenade” を抜いて4位に上昇しています。
Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) – ヒット曲ベスト10(更新)


3位右矢印 (先週3位、最高位1位)
DJ Khaled(DJキャレド) feat. Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー), Quavo(クエヴォ), Chance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー) & Lil Wayne(リル・ウェイン) – I’m The One
1位陥落後4週目となる3位をキープ。
タイトルに “One” が付く1位獲得曲としてはドレイクの “One Dance” 以来16曲目となったこの曲、ちなみに、そのうち1位が1週だけだったのはベアネイキッド・レディースの “One Week” 以来、約19年ぶり7曲目。
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – ヒット曲ベスト20(更新)


4位右矢印 (先週4位、最高位1位)
Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー) – Humble.
ラジオでもトップ10入りしたものの4位変わらず。
『俺の地元にはヒップホップしか聴かない人たちがいる。俺はそういう人たちの人生を代弁しなくちゃならない。それは忘れちゃいけないこと』と語っているケンドリック・ラマー。…ですが、ヴァース1では『ウ~、(女の)あそこは最高。俺のあそこに座ってくれないか』とラップされています。


5位右矢印 (先週5位、最高位1位)
Ed Sheeran(エド・シーラン) – Shape Of You
今週も変わらずトップ5をキープ。
HOT100デビューからのトップ5連続滞在記録を21週に伸ばしたこの曲、トップ10での順位をもとにスコア化したオールタイム・ランキングではアッシャーの “Yeah!”(2004年の年間1位)、ゴティエの “Somebody That I Used To Know”(2012年の年間1位)と並び8位に上昇、トップ10入りしています。
【解説・和訳】Shape Of You / Ed Sheeran(エド・シーラン)


6位右矢印 (先週6位、最高位5位)
Future(フューチャー) – Mask Off
ストリーミングの伸び率トップながら6位変わらず。
セールスも9%アップしており、ここに来て勢いを増していますが、その最大の要因は5/25にリリースされたケンドリック・ラマーのリミックス版。まだまだ最高位更新の可能性はありそうです。


7位右矢印 (先週7位、最高位7位)
Zedd(ゼッド) feat. Alessia Cara(アレッシア・カラ) – Stay
変わらず最高位に「ステイ」。
リミックス版のリリースや値下げが常套手段となっている昨今、ただ、その値下げという「奥の手」を2度使って2度とも大きな効果が得られたのは珍しく、レーベル側のマーケティング戦略がこの位置まで押し上げた曲と言えるかもしれません。


8位右矢印 (先週8位、最高位3位)
The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ) & Coldplay(コールドプレイ) – Something Just Like This
今週もトップ10をキープ。
チェインスモーカーズはトップ10の連続滞在記録を57週に更新。コールドプレイにとっては “Viva La Vida” に次ぐヒットとなっていますが、ビデオの再生回数は近日中にこの曲が抜くと思われます。


9位右矢印 (先週9位、最高位8位)
Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート) – XO TOUR Llif3
こちらも変わらず。
トップ10はこれで8週目。最高位8位以下でトップに8週以上滞在した曲はビルボード史上12曲目。ちなみに最高位9位以下で8週以上トップ10に滞在したのはジン・ブロッサムズの “Follow You Down / Til I Hear It From You”(1996年)のみ。

10位アップ (先週13位、最高位10位)
Post Malone(ポスト・マローン) feat. Quavo(クエヴォ) – Congratulations
ポスト・マローンは初、ミーゴスのクエヴォは3曲目のトップ10。
努力と忍耐によって得られた成功(2016年、最高位14位の “White Iverson” のヒット)を祝う曲。『変わったんだ、見て見ろ、俺たちはやったんだ、やってやったんだ!』と歌われています。

トップ10圏外ではチャイルディッシュ・ガンビーノ(俳優のドナルド・グローヴァーのアーティスト名)の “Redbone” が22位→17位、フレンチ・モンタナの “Unforgettable” が23位→18位、Ayo & Teoの “Rolex” が31位→20位などとなっています。

以上、最新チャートのトップ10でした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加