【解説】Say It Right / Nelly Furtado(ネリー・ファータド)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2007年の今日(2月24日)、1位を獲得した Nelly Furtado(ネリー・ファータド)の “Say It Right” について解説しました。

ネリー・ファータドが、ユーリズミックスの “Here Comes The Rain Again” のような「奇妙なサウンド」にインスパイアされて書いた曲。

タイトルは「ちゃんと言って」という意味で、歌詞は煮え切らない態度の男性に、

私の手で あなたに渡してあげる 私が作ったものを
私の口で あなたに歌ってあげる 私が積み上げてきたものを
私の体で あなたに示してあげる 神様からもらった場所を
そこは神聖な空間よ
あなたは 本当に行きたいの?

即ち「手と口と体でいろいろやってあげるけど、あなたはイケるの?」と、セクシャルに迫っています。

また、全体的にメランコリックな(憂鬱っぽい)感じで、サビでは、

あなたは私にとって何の意味もない
何の意味もないの
でも あなたは私を解放してくれる
あなたは私のすべてかもしれない

と歌われています。

ちなみに、この曲のビデオのネリーは『歌い方、踊り共に男を惑わせる力がある』と全米の女性たちから評価(?)されています。

【リンク】
当時(2007/02/24)のチャート
ネリー・ファータドのヒット曲

SayItRight

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加