【解説】Hot In Herre / Nelly(ネリー)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2002年の今日(6月29日)、1位を獲得した Nelly(ネリー)の “Hot In Herre” について解説しました。

オープニングはニール・ヤングの “There’s a World” をサンプリング、そしてチャック・ブラウンの1978年のゴーゴー・ソング、”Bustin’ Loose” をベースにしているセント・ルイス訛りのヒップ・ホップ。

プロデューサーはネプチューンズ(ファレル・ウィリアムスとチャド・ヒューゴのチーム)で、グラミーの最優秀男性ラップ・ソロ・パフォーマンス賞受賞曲。

フック(サビ)は男女の掛け合いになっていて、

男:暑くなってきたから 脱いじゃえよ
女:私、暑いから脱いじゃうわ

と歌われています。

ちなみに、最近(2015/06/16)コールドプレイのクリス・マーチンがツイッターでこの曲のことを『最も好きなサマー・アンセム』とつぶやいています。

また、”Here” のスペルが “Herre” となっているのはセント・ルイスの訛り(アクセント)だそうで、同じくセント・ルイス出身のチンギーのスマッシュ・ヒット、”Right Thurr” (Right There) もこのパターンです。

【リンク】
当時(2002/06/29)のチャート
ネリーのヒット曲

HotInHerre

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. はろ より:

    うだるような暑さを感じてセクシーな曲ですよね。そういえば最近ネリーはお縄になったような(^_^;)

    • クレジットはされていないものの、フィーチャーされているダニ・スティーブンソンの声もセクシーですね。もちろん見た目も。Dani Stevenson