【解説】Dilemma / Nelly(ネリー)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2002年の今日(8月17日)、1位を獲得した Nelly(ネリー) feat. Kelly Rowland(ケリー・ローランド)の “Dilemma” について解説しました。

好きになった女性には夫と息子がいるという「ジレンマ」がテーマになっているヒップホップ・ソウルで、「ネリー」、「ケリー」とお互いの名前を呼び合っているのが印象的な曲。

パティ・ラベルの “Love, Need And Want You” のサンプリングで、デスティニーズ・チャイルドのケリー・ローランドが歌う、

何をしていても
あなたのことで頭がいっぱい
夫といるときでさえ
あなたに夢中なの

というフック(サビ)部分は評論家たちの間でも絶賛され、ケリーはこの曲によって「もはやビヨンセのバックヴォーカルではなくなった」とも評されています。

ネリーはこの曲について、『誰も思いつかないようなことをやりたかった。デスティニーズ・チャイルドの彼女より、彼女自身のほうがいいと思った。だから俺はケリーを買ったんだ。』と語っています。

ちなみに、この週は2位もネリーの “Hot In Herre” で、前週と入れ替わりで1位2位を独占しています。

【リンク】
当時(2002/08/17)のチャート
ネリーのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加