【解説】Candy Shop / 50 Cent(フィフティ・セント)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2005年の今日(3月5日)、1位を獲得した 50 Cent(フィフティ・セント) feat. Olivia の “Candy Shop” について解説しました。

フィフティが『低俗にもワイセツにもならず、男性目線で出来るだけセクシャルになるようにした』と語っているダーティ・ラップ。

タイトルの「キャンディ・ショップ」とは「ベッド・ルーム」の隠喩(メタファー)。

低俗でワイセツかどうかは各自の判断に任せるとして、サビは、

キャンディ・ショップに連れて行ってやろう
ロリポップを舐めさせてやるぜ
さあ、やってみな 止めるんじゃないぞ
最後まで続けるんだ
ウォウ~

という歌詞になっています。

曲の内容はともかく、低い声で口ずさむようにラップするフィフティの声は「セクシー」だと思います。

ちなみに、この曲はリル・キムとコラボした “Magic Stick” の単なる「焼き直し」とも評されています。また、フィフティは “Magic Stick” というコンドームをプロデュースしています。

【リンク】
当時(2005/03/05)のチャート
フィフティ・セントのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加